アバターサービスの「RocketOn」、ユーザー数13万人到達

 

アバターサービスの「RocketOn」、ユーザー数13万人到達
Webブラウザ上にアバターを表示させることができるアメリカのアバターサービス「RocketOn」のユーザーが13万人に到達した。


「RocketOn」は、アメリカ・サンフランシスコに拠点を置くベンチャー企業のRocketOn社が運営するサービスで、2月よりパブリックβ版を公開していた。ドイツのアバターサービス「Weblin」のようにWebページ上にカスタムした自分のアバターを表示させながら他のユーザーとリアルタイムチャットが楽しめるほか、Webページ上で仮想アイテムを探してコレクションし他のユーザーと交換したり、ミニゲームをプレイしたりもできる。
尚、同社は2つ目のサービスとなる「Blerp」もリリース。このBlerpはWebブラウザ全体を”掲示板”にして、画面上にコメントや画像、動画などを投稿できるようにするサービスだが、RocketOnの開発で培った技術を元に作られたという。
RocketOn
http://www.rocketon.com/
関連記事:
アバターサービスの「RocketOn」、パブリックβへ移行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.