カジュアルゲームがベースとなった仮想空間「Hotel iWin」がオープン

 

カジュアルゲームがベースとなった仮想空間「Hotel iWin」がオープン
カジュアルゲームを提供しているiWin社が、アバターを介して他のユーザーを一緒にゲームをプレイしたり、チャットやメッセージでコミュニケーションができる仮想空間「Hotel iWin」をオープンした。


iWin社は、これまでダウンロード可能で無料で遊べるカジュアルゲームを多数提供してきたゲームディベロッパー。今回オープンした「「Hotel iWin」は、これまで培ってきたカジュアルゲームのシステムと仮想空間の要素を組み合わせたサービスで、ユーザーは自分のアバターと部屋をカスタムし、他のユーザーと一緒に様々なタイプのカジュアルゲームで遊ぶことができる。ゲームの成績により仮想通貨「opal」を稼ぐことができ、それを貯めてアバターの服や家具アイテムを購入することも可能。その他、一般的なSNSの機能も一通り実装されているとのこと。
Hotel iWin
http://www.iwin.com/hotel/roombrowser/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.