ニュース 国内ニュース

野上記念法政大学能楽研究所、セカンドライフにバーチャルミュージアムをオープン

投稿日:

野上記念法政大学能楽研究所「バーチャルミュージアム」をオープン
野上記念法政大学能楽研究所と法政大学情報技術(IT)研究センターとの共同プロジェクト「野上記念法政大学能楽研究所バーチャルミュージアム」の企画開発を株式会社メタバーズが支援。能楽研究所所蔵の貴重資料の一部を3Dインターネットの表現を利用した新たな形で公開すると発表した。

野上記念法政大学能楽研究所は、元法政大学総長である野上豊一郎博士の功績を記念して1952(昭和27)年に創設された、能楽に関する日本唯一の総合的研究機関。能楽研究をリードする一方で、近年では国際的な研究協力の実施や他領域との学際研究など、新しい分野での活動にも積極的に取り組んでいる。
法政大学はセカンドライフに「野上記念法政大学能楽研究所バーチャルミュージアム」を本日1月27日にオープン。野上記念法政大学能楽研究所が所有する豊富な文献資料をもとに、能面、装束、太鼓、団扇など様々な展示品を3Dオブジェクトに再現しているほか、錦絵「町入能図」、「観世新九郎拝領屋敷図」、「歌麿筆寺子屋小謡図版画」などを展示している。
さらにセカンドライフの操作が不慣れな人向けに、スムーズに施設を閲覧できる「ツアーライドシステム」を搭載。施設内に展示されている巨大な「能楽弘化勧進能絵巻」もマウス操作で簡単に鑑賞できるようになっている。
野上記念法政大学能楽研究所「バーチャルミュージアム」をオープン 野上記念法政大学能楽研究所「バーチャルミュージアム」をオープン

THE SECOND TIMES 企業紹介
株式会社メタバーズ

関連記事:
法政大学IT研究センター,セカンドライフ内で国際学会を生中継

-ニュース, 国内ニュース

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.