加賀電子、株式会社ヤッパのWeb3D事業を譲受

 

加賀電子、株式会社ヤッパのWeb3D事業を譲受
独立系エレクトロニクス総合商社の加賀電子株式会社が、株式会社ヤッパのWeb3D事業を12月1日付で譲受したと発表した。


ヤッパは2000年12月に設立され、これまでイスラエルの3Di社 (2002年にヤッパが子会社化)が開発したWeb上でリアルタイムに3D表示を可能にするアプリケーションソフトを自動車メーカーや住宅メーカー、アパレルメーカーなどに提案してきた。このアプリケーションソフトは、サイト内に掲載されている商品の色味などを即座に変化させることで、顧客の好みに合った商品情報を提供できるツールとして既に国内大手自動車メーカーなどでも活用されているもの。
加賀電子は、これまでシステムソリューション事業部内で視覚化事業プロジェクトを立ち上げ、日本初となる製造メーカーのデザイン部門などで使用できる 「3Dリアルタイムプレビューシステム」、「販売店向け高品位3Dコンフィグレータシステム」、「光の振舞いを実世界のように忠実に再現するフォトクオリティレンダラー」、またそれらのツールに必要なマテリアルの提供をしている。
今回の譲受について加賀電子では、「ヤッパの保有する技術力や販売ネットワークは加賀電子の視覚化事業プロジェクトに対し相乗効果をもたらすものであり、更なる拡販を目指す」」としている。
加賀電子株式会社
http://www.taxan.co.jp/
株式会社ヤッパ
http://www.yappa.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.