ニュース 仮想空間

米ホロコースト記念資料館、3D仮想空間「Second Life」にバーチャル博物館をオープン

更新日:

米ホロコースト記念資料館、3D仮想空間「Second Life」にバーチャル博物館をオープン

アメリカのホロコースト記念資料館がセカンドライフに参入し、当時の街並みを再現した形の”セカンドライフ内博物館”をオープンした。貴重な資料をウォークスルーで見て回ることができる。

米ホロコースト記念資料館、3D仮想空間「Second Life」にバーチャル博物館をオープン

ホロコースト記念資料館は、第二次世界大戦中にナチス政権下においてユダヤ人などに対し意図的に行われた大量虐殺に関する様々な資料を公開している国際的に評価の高い博物館。フィルムや写真、音声など様々な常設展示を行っているが、リアルの博物館でそれらを見るには時間指定のパスが必要で、毎日先着順で発行されるシステムとなっている。
しかし今回オープンしたSecond Life内博物館は24時間いつでも入場可能で、当時の写真さながらのモノクロームの部屋があったり、そこから隠し扉(?)を開いて当時の街並みを再現したエリアへ入場したりといった仮想空間ならではの仕掛けがたくさん隠されている。資料のある場所の目印は青い「i」というアイコン。果たしてあなたはいくつの資料を閲覧できるだろうか?

米ホロコースト記念資料館、3D仮想空間「Second Life」にバーチャル博物館をオープン

セカンドライフ内アメリカホロコースト記念資料館へテレポート:
http://slurl.com/secondlife/US%20Holocaust%20Museum1/1/35/26

-ニュース, 仮想空間
-, ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.