あいおい生命、セカンドライフのチャリティーイベントでワクチン1万800人分の寄付を集めたことを発表

 

あいおい生命、セカンドライフでチャリティーイベントを開催中
あいおい生命保険株式会社は、同社の社会貢献活動「ハートLIFEプロジェクト」の取組みの一環として「セカンドライフ」で実施したチャリティーイベントで、ユーザー3,306人から269,690リンデンドルの寄付がよせられたことと発表した。


寄付金の全ては、認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)」へワクチン1万800人分相当として寄付された。
国内生命保険業界初というあいおい生命の取り組みはバーチャルワールドの活用事例という意味だけでなく、企業はネットコミュニティとどのように関係していくべきかという問いに対するひとつの答えとしても重要だ。ビジネスユーザー向けマーケティング情報メディア「STビジネス」第10号では同社企画部企画グループ長 次長の金子利弘氏にインタビューを行っている。
仮想空間チャリティーイベントでワクチン1万8百人相当分を寄贈(あいおい生命)
http://www.ioi-life.co.jp/corporate/news/news_20081128.html
関連記事
【インタビュー】独自のコミュニティを『つくらない』という選択
~ チャリティーへの理解を深めるあいおい生命の試み ~(STビジネス記事)

あいおい生命、セカンドライフでチャリティーイベントを開催中
世界の子供にワクチンを!セカンドライフで「IOIisland 2008 Autumn-HEART-LIFE チャリティーイベント」開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.