映画惑星を大量構築、米エンタメ会社とEntropia Universeがパートナーシップを締結

   2016/01/02

映画惑星を大量構築、米エンタメ会社とEntropia Universeがパートナーシップを締結

アメリカのエンターテイメント会社のSpecial Entertainment Eventsの仮想世界部門であるSEE Virtual Worldsが、スウェーデンの仮想空間Entropia Universeをプラットフォームとして新たにハリウッド映画をモチーフとした”惑星”を構築するため、Entropia Universeを運営するMindarkとパートナーシップを締結した。

Entropia Universeは”惑星開拓”がモチーフとなったMMO的3D仮想世界。企業やアーティスト、テレビ番組などエンターテイメントコンテンツの参入事例も既に例がある。
SEE Virtual Worldsでは正式にライセンス許諾を受けたハリウッド映画をモチーフに新たな土地(惑星)を約50種構築する予定とのことで、ゆくゆくはそれらをマーチャンダイジングにも活用したいとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.