セカンドライフの新しい情報共有ツール「SLOOP」、本日より配布開始!

 


セカンドライフのHUD機能を使用した新しいユーザー同士の情報共有ツール「SLOOP(スループ)」が登場。本日より配布を開始した。


SLOOPはユーザーの情報をライブ配信するHUD。インワールドからチャットウィンドウに文字を打ち込むことで即座に情報を発信することができ、記事を送った場所のテレポートボタンが自動的に掲載される仕組みになっている。SLOOPを装着しているユーザー全員に情報が届くので、フレンドリストやグループのメンバーへIMを送るのとはまた違った活用ができる。
現在、「Port KOBE」SIMのSLOOPベンダーにて無料配布しているほか、このSLOOPベンダー自体も無料で配布している。自分の土地を持っている人は持ち帰って設置してみては如何だろうか?
SLOOP配布場所へテレポート:
http://slurl.com/secondlife/Port%20KOBE/128/123/24
SLOOP
http://www.sl-loop.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.