リンクとSUN、セカンドライフユーザー間で通話ができる「アバターケータイ」の開発を開始

 

リンクとSUN、セカンドライフユーザー間で通話ができる「アバターケータイ」の開発を開始
株式会社SUNと専用ホスティングを手がける株式会社リンクが共同で、2008年5月からセカンドライフのユーザ同士で携帯で通話ができるサービス「アバターケータイ (仮称)」の提供を開始すると発表した。


両社は2007年1月より提供しているコミュニケーションツール「BIZTEL ウェブ電話」の技術を応用することでこの「アバターケータイ (仮称)」サービスの準備を進めているとのこと。同サービスはWEB上の専用サーバーが発信・着信の両者に電話をかけるという仕組みになっており、相手に自分の電話番号を通知しなくても通話できるのが特徴。ユーザーには「050」から始まる専用の電話番号が割り当てられ、携帯から直接セカンドライフのユーザーに対して電話がかけられるという。相手がセカンドライフにログインしていなくても着信は相手の携帯電話に転送され、また自分に電話がかかってくると「セカンドライフからの電話です」という音声ガイダンスが流れるようになっている。
通話料や月額利用料は今のところまだ未定だが、決済にはリンデンドルが使用される予定。
株式会社リンク
http://www.link.co.jp/
株式会社SUN
http://www.suninc.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.