スクエニとニフティ、カジュアルゲームサービスで業務提携

 

株式会社スクウェア・エニックスとニフティ株式会社が、カジュアルゲームの開発・運営で業務提携し、それに先立ち2月29日に株式会社スマイルラボを設立したと発表した。今夏にサービスを開始する予定。


スマイルラボは、スクウェア・エニックスが全額出資して2月29日に設立した新会社。スクウェア・エニックスのコンテンツ・サービスの開発力と、ニフティのコミュニティ運営ノウハウ及び「@nifty」やブログサービス「ココログ」の集客力を活用し、新サービスの早期浸透を図っていくとのこと。
新サービスは、Flashで構築された2D仮想空間上でアバターを操作し、カジュアルゲームで遊んだり他ユーザーと交流したり、仮想通貨でアバター用アイテムを購入できるというもので、音楽や動画の視聴やブログ、メール機能も実装予定だという。
両社は既にオンラインゲームの決済連携や、カジュアルゲームのステージ間に広告を配信する「インステージ広告」の共同企画・提供を行っている。今回の提携により、両社の強みをさらに融合し、女性やシニア層にも拡大しているカジュアルユーザーを対象とした良質なサービスの企画・提供に取り組んでいくとし、ゆくゆくは海外展開も検討していくとのこと。
株式会社スクウェア・エニックス
http://www.square-enix.com/jp/index_f2.html
ニフティ株式会社
http://www.nifty.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.