マグスル、セカンドライフ内の3Dアクセス解析ASPサービスを開始

 


株式会社マグスルが、セカンドライフにおいてアバターの行動解析を行うASPサービス「simANALYZER」の提供を開始した。従来の2次元グラフ方式と異なり、3次元グラフによりユーザー分布、導線把握がより視覚的に行えることが特徴とのこと。


「simANALYZER」は、セカンドライフでセンサーユニットを設置することによりアバターの行動を解析し、企業がプロモーションエリアの運営を行うために必要な情報を提供するアクセスログ解析ASPサービス。セカンドライフのセンサーユニットの機能限界だった1センサーで16名までしか捕捉できない問題を独自の方式によりクリアしており、株式会社ジェイティービーのSIM「JAPAN TRAVELGUIDE JTB」での採用が既に決定している。
開発にあたっては、博報堂DY グループ・i‐ビジネスセンター3Dインターネットラボ(以下3Diラボ)の協力を得ており、今後も同社では3Diラボとの共同開発・実験、販売を行っていくとしている。
サービス概要は以下のとおり
株式会社マグスル
http://magsl.co.jp
「JAPAN TRAVELGUIDE JTB」へテレポート:
http://slurl.com/secondlife/JAPAN%20TRAVELGUIDE%20JTB/142/203/22
関連記事:
【特集:2008年バーチャルワールドの展望を語る!】第5回「バーチャルワールドエージェンシー」第2部 マグスル 新谷卓也氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.