IBM、環境破壊を食い止めるシリアスゲームを開発

   2013/02/24

IBM、環境破壊を食い止めるシリアスゲームを開発

IBMが、環境問題への意識を高めることを目的としたシリアスゲーム「PowerUp」を発表した。「架空の惑星を環境破壊から環境破壊から救う」という内容のオンラインゲームで、石油資源に代わるエネルギー源と環境保全について十代の若者にも興味を持ってもらうために製作されたという。

”シリアスゲーム”とは様々な社会問題を学習し問題を解決していくための「学習」と「問題解決」が目的のゲーム。
この「PowerUp」では、プレイヤーは環境破壊が進んでいる架空の惑星「Helios」(ヘリオス)を環境破壊から救うため、山に太陽発電装置を設置したり、風力発電のタービンを修理するためガラクタの山の中から部品を探したりといった各種イベントをクリアすることによって工学原理を学んでゆく。
同ゲームの利用は無料で、公式サイトよりダウンロードできる。

IBM、環境破壊を食い止めるシリアスゲームを開発

IBM、環境破壊を食い止めるシリアスゲームを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket