オハイオ大学、セカンドライフの仮想キャンパスで進学適性試験

 

オハイオ大学、セカンドライフの仮想キャンパスで進学適性
アメリカのオハイオ州立大学が、全米最大級の試験対策校「The Princeton Review」と協力し、セカンドライフ内で大学進学適性試験(Scholastic Assessment Test、以下SAT)が受けられるイベントを開催している。


オハイオ大学は昨年よりセカンドライフに参入し仮想キャンパスを構築。学生センターや芸術・音楽センターを作り学生達のコミュニティスペースとなるよう運営してきた。
今回行われるイベントは、これから大学に進学しようとしている若者や年配者を対象としたもので、既に1月19日(土)に第一回目が行われている。
第二回目は1月31日(木)の20:00(太平洋標準時間)より開催されるとのこと。
オハイオ大学仮想キャンパスへテレポート:
http://slurl.com/secondlife/Ohio%20Outreach/163/53/26/
オハイオ大学、セカンドライフの仮想キャンパスで進学適性オハイオ大学、セカンドライフの仮想キャンパスで進学適性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.