スプリューム、松本零士原作の「銀河鉄道物語」の仮想世界をオープン!

 

スプリューム、松本零士原作の「銀河鉄道物語」の仮想世界をオープン!
国産の仮想世界「splume」に、漫画家の松本零士氏の画業50周年記念作品「銀河鉄道物語」の世界観を再現した仮想世界がオープンした。登場キャラクターの制服をアバターに着せることもできる。


「銀河鉄道物語」は、2003年にフジテレビ・BSフジでも放映された人気アニメ作品。今回、株式会社プラネットエンターテイメントとの協力のもと、アニメ向けに制作されたコンピュータ・グラフィックスの元データをsplumeに移植しオリジナル作品の持つ質感や世界観を再現したとのこと。劇中に登場するメインキャラクター機関車の「ビッグワン」も公開され、それに合わせて登場キャラクターの制服もアバター用衣装として販売される(8頭身男女アバター用のみ)。
今後も他の列車も順次追加をしていく予定で、同空間内でのチャットやファンミーティングなどのイベントも開催するとのこと。
「銀河鉄道物語」世界への行き方は、splume専用ソフト「CRブラウザ」をダウンロード&インストールし、起動してログインした後、下記のURLをブラウザのアドレス欄に貼り付ければ直接移動できる。
「銀河鉄道物語」世界のURL(一般ウェブブラウザではご利用になれません)
http://www2.splume.com/gintetsu/gt0000.cr
今後も同社では株式会社プラネットエンターテイメントと協力し、新作アニメーションの仮想世界の公開などを手掛けていくとしている。
splume
http://www.splume.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.