ニュース 国内ニュース

”リアル”なヴァーチャルミュージシャンが六本木に集結!「新春!SL新年会&SLアーティスト大集合ライブ」レポート

投稿日:

1月5日(土)に東京・六本木にて、セカンドライフ内で活躍しているミュージシャンが”リアル”にライブを行う「新春!SL新年会&SLアーティスト大集合ライブ」が開催された。会場には多くの仮想世界関係者及びユーザーが集い(満員以上?)、終始大盛り上がりのライブイベントとなった。

”リアル”なヴァーチャルミュージシャンが六本木に集結!「新春!SL新年会&SLアーティスト大集合ライブ」レポート
会場となったのは、1981年のオープン以来、コアなロックファンだけでなく国内外の有名ミュージシャンも集う70~80年代ロックの殿堂「BAUHAUS」。
”リアル”なヴァーチャルミュージシャンが六本木に集結!「新春!SL新年会&SLアーティスト大集合ライブ」レポート
店内に飾られた写真を見ると……LOUDNESS、BOWWOW、Mr.BIG、METALLICA、そして何故か民主党の鳩山由紀夫氏etcetc……とそうそうたる顔ぶれ。もちろん我らがはたけさんの姿もある。
今イベントの出演者は事前に各サイトやブログ・SNSで告知されていたものの、当日の出演順やセットリストは全て謎。まさに「中身は見てのお楽しみ」といったイベントだった。
そんな中トップを飾ったのは、先日の「- Infinity- Music Festa 2007 in Second Life」にも出演したduzzy Ryderさん。
セカンドライフ内でのライブはエレクトリックヴァージョンだが、今回のイベントではガットギター一本のアコースティックヴァージョン。
duzzyさんのセカンドライフ内の映像はこちら

次に登場したのは、セカンドライフでは”狐のかぶりもの”でおなじみの「しろたん」。しかしリアルでは当然だが人間の顔。歌声とMC(トーク)のギャップが多くの観客を魅了(?)していた。
通常のセカンドライフ内ライブではいつもソロの弾き語り演奏の彼女だが、今回は特別にバンド編成で「青い太陽」を披露してくれた。
Shirotan「青い太陽」

しろたんのしっとりとしたステージから一転、場内の空気を一気に熱くしたのはリアルでも活躍する「GOLD SEVENTEEN」。安定感のある素晴らしい演奏を続けて2曲も披露してくれた。
GOLD SEVENTEENのInfinityでのステージ

次に、演奏は無かったもののこちらもリアルで活動中のバンド「柳」のPVが場内のプロジェクターで上映。この日はメンバー自らがCDを持参しての販売も行われた。
「柳」のセカンドライフ内ライブの模様

次に登場したのは、おそらくこの日の出演者中最年少の「犬茶」さん。セカンドライフではその名のとおり犬のファリーアバターだがリアルでは勿論人間。
”リアル”なヴァーチャルミュージシャンが六本木に集結!「新春!SL新年会&SLアーティスト大集合ライブ」レポート
しかしステージが始まると、とても最年少とは思えない程の素晴らしいギターテクニックを披露。あの歳であれだけ弾けるとは今後どんなギタリストになるのか、なかなか末恐ろしいアーティストだった。
犬茶「BlueSky」

次に登場したのはヴァーチャルアイドルグループ「Piatto」のヴォーカルOireさん。残念ながら今回はダンサーの他2名は欠席だったが、Oireさんの伸びのある歌声は多くの観客を魅了していた。
尚、リアルのOireさんは歌だけでなくトークも非常に面白く、はたけさんとの掛け合いに会場から何度も笑いが沸き起こっていた。
Piatto「無限の破片」

そしてここから一時ムード歌謡&演歌タイム。今回わざわざ夜行列車で金沢から遠征してきたというセカンドライフの「神様」ことゴッディなかとさんが登場!(おそらく)セカンドライフ初のムード歌謡でデビューした彼の正体は日本人居住区「SLing」のオーナー。
M2J CoreのJets Frideさんのギターをバックに「セカンドライフにみんな恋」を熱唱!一度聴いただけで歌い出しの「りんりんででんで~ん♪」が頭から離れなくなってしまう…
ゴッディなかと「セカンドライフにみんな恋」

さらに続いてMagSLのUri Kuriさんも登場!「いつもより短い」というミニスカートとバックダンサー「桜団」を従えての気合の入ったステージで「低スペッ クな女」を熱唱!
はたけさんがプロデュースしたこの楽曲は、テレビや音楽ポータルサイトでも取り上げられセカンドライフを越えて大きな話題となった。

PV全編視聴はこちら
ここからライブの後半戦に突入。会場であるBAUHAUSのスタッフの皆さんによるバンドのライブが始まった。事前の告知で「謎の新生バンド」と表記されていたのはもしかしてこのバンドのことだろうか?
”リアル”なヴァーチャルミュージシャンが六本木に集結!「新春!SL新年会&SLアーティスト大集合ライブ」レポート
卓越したテクニック且つ遊び心のあるステージングでQueenの「ボヘミアン・ラプソディ」を完全カヴァーした後、意外にもRed Hot Chili Peppersの「Give it Away」「Around the world」「By the way」を3曲立て続けにカヴァー。最後にDeep Purpleの「Highway Star」で怒涛の〆。
迫力のステージングで一気に会場内を一つにしてしまった。
”リアル”なヴァーチャルミュージシャンが六本木に集結!「新春!SL新年会&SLアーティスト大集合ライブ」レポート
さらにここではたけさんも登場しセッション大会に突入!はたけさんのオリジナルモデル「高島屋ギター」(ギターのボディの薔薇ペイントから)がライトに映える!ここで演奏されたのはKISSの「Rock'N'Roll All Night」。”なんとなく口をパクパクさせている”歌詞の分からない観客のため、はたけさん自らが「I wanna rock'n roll all night A party every day」 と曲のサビ部分を歌詞指導。その後全員で大合唱となった。
そしてこのあと意外なゲスト、ベーシストの鮫島秀樹さん(元ツイスト・現ハウンド・ドッグ)も登場し、Led Zeppelinの「Rock'N'Roll」を演奏。ここでも「lonely, lonely, lonely, lonely, lonely time」とサビの大合唱。
”リアル”なヴァーチャルミュージシャンが六本木に集結!「新春!SL新年会&SLアーティスト大集合ライブ」レポート
その後、なし崩し的(ムリヤリ?)に観客で来ていたリンデンラボの土居純さんがステージに上げられDeep Purpleの「Smoke on the Water」が演奏される。土居さん曰く「知らない曲なのに」とのことだったが、そのヴォーカリスト姿は結構サマになっていたかも?
因みにこのあとデジタルハリウッドの三淵教授とMagSLの新谷社長もステージに上げられ、もう何でもありの豪華セッションとなった。
”リアル”なヴァーチャルミュージシャンが六本木に集結!「新春!SL新年会&SLアーティスト大集合ライブ」レポート
そして最後のダメ押しのようにステージを盛り上げたのは、セカンドライフの音楽シーンの立役者とも言うべきM2J CoreのJets Frideさん。以前デジハリのセミナーで「リアルでライブをした経験は一度もない」とスピーチしていたが、それが信じられないくらい堂々としたステージングでMCも観客の煽りも慣れたもの。
それにしてもはたけさんをバックにリアルライブデビューとはなんと豪華なデビューだろうか。
M2JCore「USAGI-SAN」

これで全ての出演者のステージが終わり、エンディングか…と思われたその時、ギリギリのタイミングでSolary Claryさんことイズミカワソラさんが到着。
この日は参加しているバンド「SPIRAL SPIDERS」の無期限活動停止前ワンマンライブだったとのことだが、それが終わってからすぐこちらに駆けつけたのだという。しかしそんな慌しさに全く動じない弾き語りを披露してくれた。
SolaryClary 「ボクの花」

今回のイベントは、SNSや各出演者のブログ、サイトなどで告知されただけで、特に大々的な宣伝が行われたわけではない。それなのに当日は会場が満員になるほど多くの人が集まり、前売りチケットの予約も好評だったという。
また出演する側も、全員が全員セカンドライフ以前に音楽経験があったわけではなく、中には「ちゃんとしたステージに立つのはこの日が初めて」という人もいた。しかし皆トークも歌も観客との掛け合いも慣れたもので、インワールドでのアバターとのギャップも不思議と感じられなかった。
よく「セカンドライフでは別人になれる」と言われるが、実際は本来の自分とまるっきりかけ離れたキャラクターを演じるのではなく、架空のアバターを通してもやはり本来の自分の個性が反映されるのではないだろうか?
そして、「なんでもあり」で何をやるにしても障壁の少ない仮想世界において、隠された個性が開花するのかもしれない。
尚、ライブの最後にはたけさんより、来月2月23日(土)に「もうちょっと作りこんで」第二弾の「SLアーティスト大集合ライブ」を開催することが発表された。
もしかしたら、今回のライブを見て「自分でもやってみよう!」と思い立ち、観客側から出演者側になるユーザーも今後出てくるかもしれない。
SLA
http://secondlife.mods.jp/sla/

※掲載した写真はプレス用としてSLAの認可を得たものです。転写・転載厳禁。

-ニュース, 国内ニュース

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.