フォスターネット、セカンドライフで企業面接支援システムを構築

 

フォスターネット、セカンドライフで企業面接支援システムを構築
株式会社フォスターネットが、産業技術大学院大学と首都大学東京との共同研究としてセカンドライフ上に新卒・転職者向けの企業面接支援システムを構築した。同システムは、面接の体験だけでなく面接中の会話を分析した面接カウンセリングシートを作成することができ、被験者は自分の会話の内容を客観的に分析することで実際の就職活動に役立てることができるという。


企業面接システムのエリアでは、各アバターに対してIDカードを配布し、被験者はこれを入手・装着することで面接の予約から面接終了までサポートしてもらえるとのこと。
尚、練習用の面接官は計5人で、それぞれ怖い・優しい・インテリ等の特徴的な性格を持っている。被験者はこの中から自分の練習したいタイプを選択することができるという。
この共同研究は、フォスターネットの試みに産業技術大学院大学学長の石島辰太郎氏が着目、賛同して実現したもので、同社は一般公開に先駆けて日本e-Learning学会へ論文を提出し、12月1日(土)に琉球大学にて学術講演発表を行うとしている。
株式会社フォスターネット
http://www.foster-net.co.jp/
関連記事:
G-learningでカボチャを収穫&納品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.