Avatar Languages、「言語の日」を記念してセカンドライフ内で宝探しイベントを実施

   2013/01/18

Avatar Languages、「言語の日」を記念してセカンドライフ内で宝探しイベントを実施

セカンドライフ内のオンライン語学スクール「Avatar Languages」が、来る9月26日の「言語の日」を記念して、レッスン料が無料になる宝探しイベントを実施する。
「言語の日」とは、2001年より始まった欧州評議会とEUがヨーロッパの言語と文化の多様性を推進し、語学の生涯学習をサポートするために毎年9月26日を「言語の日」と取り決めたもので、スタート以来さまざまなプロジェクトを推し進め、ヨーロッパの40 カ国以上の国々で成功を収めているという。
「Avatar Languages」は、この9月26日の「言語の日」にちなんで順位に応じてレッスン料が無料になる特典付きの宝捜しイベントを実施する。イベントには誰でも参加可能で、成績により1位は10時間、2位は5時間、3位は3時間の無料レッスンが用意される。会場はスクールのある「Hope Island CTR」で9月26日に行われる。
「Avatar Languages」はセカンドライフ内で運営されているオンライン語学スクールで、公的資格を持ったネイティブスピーカーの講師が個別、若しくは好きなように組み合わられるレッスンを世界中のセカンドライフユーザーに提供している。

「Avatar Languages」へテレポート:
http://slurl.com/secondlife/Hope%20Islands%20CTR/101/202/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket