シンガーのジャスティン・ティンバーレイク、3D仮想空間「Second Life」でライブの模様を配信

   2016/01/03

シンガーのジャスティン・ティンバーレイク、3D仮想空間「Second Life」でライブの模様を配信

アメリカのポップグループ「イン・シンク」のリードヴォーカリストでグラミー賞受賞経験もあるシンガーのジャスティン・ティンバーレイクが、3D仮想空間「Second Life」内でライブの模様を配信すると発表した。

映像配信は米コムキャストが担当。同社のSIM内にて、マディソンスクェアガーデンで行われるジャスティン・ティンバーレイクのライブを10分ほど配信するとのこと。またそれに先駆け、ティンバーレイク本人と彼の音楽監督、振付師、バンドメンバーなどのスタッフの舞台裏のインタビューも配信する。ライブ本編は日曜日の10:00と16:00(米時間)に配信されるが、コムキャストのSIMのメンバーでなければ視聴できないようになっているとのことで、事前にメンバー登録が必要になる。

「Comcast」SIMにテレポート:
http://slurl.com/secondlife/comcast/17/231/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.