慶應義塾と電通がセカンドライフ内での共同研究を開始

 

慶應義塾と電通は7月31日、セカンドライフ等、メタバース(仮想世界)における社会的・制度的課題や教育、マーケティング活動などへ適用していくうえでの様々な可能性に関する共同研究を実施すると発表した。
共同研究は電通がセカンドライフ内に8月に開設する仮想都市空間「バーチャル東京」内の「慶應義塾セカンドライフキャンパス」で行われる。ここで各種実証実験を行うことにより、仮想社会の様々な課題の解決に資する成果を目指す。
研究には、村井純 環境情報学部教授、稲蔭正彦 環境情報学部教授、金子郁容 政策・メディア研究科教授、國領二郎 総合政策学部教授らをはじめとする、インターネット、デジタルメディア、これらの新技術の社会活用を専門とする研究者が参加する。
慶應義塾はこれまで培った遠隔授業の手法をもとに、今までに蓄積された教育映像コンテンツを用い、教育分野におけるセカンドライフの可能性を検証していくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.