3DCG ニュース

目の前にある物を3DスキャンしてそのままWebブラウザで表示・共有できるサービス「カタチスペース」がリリース

投稿日:

株式会社カシカが、Webブラウザ上で手元にある物体のカタチを表示・共有できるクラウドサービス「カタチスペース」をリリースした。

目の前にある物を3DスキャンしてそのままWebブラウザで表示・共有できるサービス「カタチスペース」がリリース

「カタチスペース」は、物体を3Dスキャニングし、3Dデータを作成してWeb上に表示させることができるサービス。3Dデータは本物とほぼ変わらないクオリティで、色や大きさ、素材の感触なども再現でき。写真や動画では得られない細やかな情報を得ることができる。作成された3Dデータ低容量のため、待機時間もほぼなくスムーズに表示ができ、またURLを埋め込むことで自社サイト内で3Dデータを表示させたり、2次元コードに変換することで他者へ拡散することもできるほか、スマートフォンで本物と同じ質感・大きさのものをAR機能で表示させる機能もある。
サービスの利用者は、データ化したい物を用意するだけでよく、スキャン撮影はカシカと業務委託関係にある、3Dスキャンの専門集団CGSLAB社が担当する。

-3DCG, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.