VR ニュース

VR制作ソフトウェアを開発するディヴァース、NTT 東日本「スマートイノベーションラボ」と共同でAI×VRによる実証実験を開始

投稿日:

VRソフトウェアを開発するDVERSE Inc.が、NTT東日本が提供する施設「スマートイノベーションラボ」にて、AIとVRによる建築デザイン業務の最適化や、コンクリート等のひび割れ検出・予測・ビジュアライズ化によるインフラ点検の自動化を図る実証実験を開始した。

この実証実験では、従来の深層学習を用いた2D画像認識とは異なり、3Dモデルに対して深層学習を用いた認識を行うが、これをVRに適用することで、AIはVR内に表示される物体の識別に加え、認識した物体の操作が可能となる。さらに自然言語処理と組み合わせることで、「椅子の色を赤に変えて」「玄関のライトをもっと明るくして」「天井の高さを3センチ低くして」などといった音声指示によって誰もが簡単にVR内で見ている3Dモデルや建築デザインの確認・修正・提案を行えるシステムの実用化に取り組む。

VR制作ソフトウェアを開発するディヴァース、NTT 東日本「スマートイノベーションラボ」と共同でAI×VRによる実証実験を開始

VR制作ソフトウェアを開発するディヴァース、NTT 東日本「スマートイノベーションラボ」と共同でAI×VRによる実証実験を開始

このほか、ドローンなどで取得した画像をもとに高解像度の2D画像及び3Dモデルの生成を行い、それらのデータをAIに学習させることで、コンクリートのひび割れ等の自動検出・予測を行う。これにより従来では損傷箇所ごとにバラバラに記録されている写真や損傷状況を、VRにマッピングすることで分かりやすく確認できるようになる。両社ではこの取り組みをもとに将来的なインフラの自動点検と、作業工数の大幅な削減化の実現を目指すという。
また、ディヴァースでは将来的にNTT東日本通信ビル又はデータセンター内のサーバーへ、3Dモデル・点群データ・店舗POSデータ・顧客行動データを深層学習を用いた認識処理を行ったのちこれを格納し、エッジコンピューティングとVRの連携を図るとしている。

-VR, ニュース
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.