AR ニュース

スマートグラス「MOVERIO」を使用した多言語字幕解説やAR演出表示サービスが提供開始

投稿日:

スマートグラス「MOVERIO」を使用した多言語字幕解説やAR演出表示サービスが提供開始

株式会社明治座エプソン販売株式会社エヴィクサー株式会社が、明治座が主催する公演「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」にて、エプソンが販売するスマートグラス『MOVERIO「BT-300」』(以下MOVERIO)で多言語字幕解説やAR演出を表示させるサービスを3月6日から提供を開始する。

スマートグラス「MOVERIO」を使用した多言語字幕解説やAR演出表示サービスが提供開始

「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」は明治座のインバウンド向け公演で、日本が誇る伝統芸能と、経済産業省が推進する「クールジャパン戦略」の有力コンテンツであるアニメを和の世界観で融合した作品。日本初の女性アクロバットダンス・カンパニー「G-Rockets」を主宰する多田誠氏が総合演出を手掛ける、光、映像、音楽で魅せる新感覚パフォーマンスで、夜のTOKYOインバウンド需要を盛り上げていく。
従来、「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」は、スマートフォンアプリで多言語字幕解説やAR演出を表示させる観劇スタイルを提案してきたが、今回、メガネ型のウェアラブル端末である「MOVERIO(モベリオ)」を活用することで、より没入感のある演出をハンズフリーで楽しむことが可能となった。サービスにはエヴィクサーが開発した音響通信ソリューション「Another Track」を採用しており、この技術は「人の耳には聞こえない透かし音(非可聴音)」を通信媒体として劇場のPAシステムを通じてMOVERIOに演出トリガーを与えるため、電波通信(Wi-Fi、インターネット)設備が必要なく、劇場内の観劇者に一斉同報が可能となる。「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」では2016年9月より同ソリューションをベースに、劇中のスマホ連動や劇場ロビーにおけるコミュニケーションロボットによる外国語ガイドサービスに取り組んできた。また、このサービスの取り組みは、2017年3月7日~8日に日本テレビ放送網主催で日テレホール(日本テレビタワー内)にて開催される「クリエイティブテクノロジーラボ」に活用事例として展示される。さらに今後は、MOVERIOとAnother Trackを用いて、スタジアムでのスポーツ観戦などでの活用を目指していくとのこと。

スマートグラス「MOVERIO」を使用した多言語字幕解説やAR演出表示サービスが提供開始

<公演概要>
公演タイトル: 「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」
URL     : http://sakura-meijiza.com/
公演日程  : 2016年9月7日(水)~2017年3月31日(金)

-AR, ニュース
-, , , ,

Copyright© vsmedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.