VR ニュース

モノビットVR、アイドルグループ「アップアップガールズ(仮)」のステージリハーサルを360°撮影

投稿日:

モノビットVR、アイドルグループ「アップアップガールズ(仮)」のステージリハーサルを360°撮影

株式会社モノビットが、VRコンテンツの制作やプロデュースを行う社内部門「モノビットVR」にて、7月3日にZepp DiverCityで開催されたアイドルグループ「アップアップガールズ(仮)」のツアーファイナルのステージリハーサルを360°動画にて公開収録した。

モノビットVR、アイドルグループ「アップアップガールズ(仮)」のステージリハーサルを360°撮影

「アップアップガールズ(仮)」とは、2011年4月から活動をスタートした7人組の女性アイドルグループ。EDMを軸とした楽曲や激しいダンスパフォーマンスが多くのファンから高く評価されている。
モノビットでは「モノビットVR」にてゲームをはじめ各種VRコンテンツを制作しており、VRコンテンツのジャンルの一つとして360°動画の制作も行っている。映像制作に携わってきた総合プロデューサーが映像のプロフェッショナル達に賛同を募り、高画質360°動画のための撮影チームを結成。高画質映像を活かした独自機能搭載のビューア制作も行っている。
この撮影では、ステージ上で実際のライブさながらの演出でパフォーマンスを行うアップアップガールズ(仮)のステージ中央にキヤノンマーケティングジャパン株式会社から協力を受けたカメラ機材を設置。360°動画では例が少ない20分以上のノンカット動画を高画質で収録したとのこと。撮影チームのメンバーは以下より。

【映像監督:清水 憲一郎】
イベント映像、MV、CMをこなすマルチな映像監督。 コンポジットアーティストを経て演出へ。技術に長けている 部分が作品のクオリティーを一段上げる。今回は360°動画撮影に関する総指揮を行う。

【Technical Producer 石ヶ谷 宜昭】
2013年よりVRの作品に関わり、これまで数多くのVR作品を手掛ける。 技術チームを束ね、カメラ選定から仕上げまでをプロデュースする。今回、キヤノン製カメラの特性を最大限に活かす役割も担っている。

【Technical Director 前田 大輔】
現在までに数多くのVRコンテンツの編集、コンポジットを経験。 無理難題を現実の世界に導く技術と経験を持ち備えている。スティッチを含む編集技術をメインに担当しているが、撮影時に編集を考えた的確な指示を行うなど、撮影アドバイザーとしても現場で活躍する。

パーリーピーポーエイリアン/セブン☆ピース(初回限定盤A)
パーリーピーポーエイリアン/セブン☆ピース(初回限定盤A)

パーリーピーポーエイリアン/セブン☆ピース(初回限定盤B)
パーリーピーポーエイリアン/セブン☆ピース(初回限定盤B)

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.