ニュース

Beatroboが110万ドルを資金調達 併せてローソンHMVと業務提携を実施

更新日:

Beatroboが110万ドルを資金調達 併せてローソンHMVと業務提携を実施1

ソーシャルミュージックサービスを提供するBeatrobo,Inc.が、株式会社ローソンHMVエンタテイメント及びGenuine Startups Ltd.を引受先とする総額110万ドルの割当増資を実施した。併せてローソンHMVエンタテイメントと戦略的業務提携も実施し、「PlugAir」の本格的な普及拡大に向けた事業開発体制を構築・強化するという。

Beatroboが110万ドルを資金調達 併せてローソンHMVと業務提携を実施2

「PlugAir」とは、Beatroboが独自開発した特許技術(日米中で特許出願中)によりスマートフォンに直接コンテンツを追加することができるインスタントコンテンツメディア。イヤホンプラグが付いており、端末のイヤホンジャックに挿すだけで音楽や動画などのコンテンツを楽しむことができる。また音楽、映像、電子書籍に限らずあらゆるデジタルコンテンツに応用することができ、スマートフォン同士で手軽にコンテンツを共有できるほか、デバイスの提供後にコンテンツ更新を行うこともできる。既にアメリカのロックバンド「LINKIN PARK」やユニバーサルミュージック所属アーティスト「ハジ→」のニューシングルにおいて「PlugAir」バージョンが発売されている。
なお、Beatroboでは今回の資金調達及びローソンHMVエンタテイメントとの戦略的業務提携と併せ、日本子会社のBeatrobo株式会社も設立した。Beatroboは2012年2月に米デラウェア州に本社を設立しているが、今回日本子会社を設立することで「PlugAir」を提供する日本のコンテンツホルダーとの連携を強化し、日本国内企業との契約、採用の強化、著作権処理といった業務を進めていく。

Beatroboが110万ドルを資金調達 併せてローソンHMVと業務提携を実施3

-ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.