VR ニュース

Synamon、高性能VR HMDを開発するVarjoの「Software Partner Program」に参画

投稿日:

Synamon、高性能VR HMDを開発するVarjoの「Software Partner Program」に参画

株式会社Synamonが、フィンランド・ヘルシンキを拠点に産業向け高性能VR/XRヘッドマウントディスプレイ(HMD)を開発するVarjoの「Software Partner Program」に参画した。手始めに、高解像度かつ高視野角な複合現実HMD「Varjo XR-3」を活用した事例創出を目指す。

Synamon、高性能VR HMDを開発するVarjoの「Software Partner Program」に参画

Varjoは、2016年に設立されたフィンランドに本社を置くVR/XRハードウェア企業。人間の目と同等の解像度を持つVR・XR製品の開発を目指しており、2018年3月には同HMDの開発のため日本のソシオネクストと業務提携を行っている(過去記事はこちら)。
「Varjo XR-3」は、人間の目レベルの解像度(70PPD以上)と業界最大級の視野(115度)を実現した複合現実HMD。同社独自の「ビデオパススルー技術」により、仮想オブジェクトがホログラムではなく本物のオブジェクトのように見えるという。
Synamonは今回の「Software Partner Program」参画により、以下の先端事例を実現できるよう研究開発を進めていくとしている。

・CGをCGと感じさせないことで初めて実現できるデザインレビュー
・現実との境界をあいまいにすることで可能になる新しいエンターテインメント
・5Gより先の未来(6G)を想定したVR/XRの先行開発とそのPoC

Synamon、高性能VR HMDを開発するVarjoの「Software Partner Program」に参画

-VR, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.