VR ニュース

VR映画「Feather」、12/19よりコニカミノルタプラネタリア TOKYO「VirtuaLink」にて日本初公開

投稿日:

株式会社CinemaLeapが、VR映画「Feather」を2019年12月19日(木)より有楽町マリオンにあるコニカミノルタプラネタリア TOKYOのVRエリア「VirtuaLink」にて日本初公開する。

VR映画「Feather」、12/19よりコニカミノルタプラネタリア TOKYO「VirtuaLink」にて日本初公開

「Feather」は、VR・3DCGアーティストの伊東ケイスケ氏が監督し、VR映画プロデューサーの待場勝利氏がプロデューサーを務めた作品。これまで、2019年のヴェネツィア国際映画祭VR部門「VENICE VIRTUAL REALITY」でワールドプレミアが行われたのを皮切りに、釜山国際映画祭「VR Cinema」、ジュネーブ国際映画祭「STREAM」、江陵国際映画祭「VR Lounge」と、世界各国の映画祭VR部門にノミネートされた。
上映概要は以下のとおり。

【Feather 作品概要】
■期間:2019年12月19日(木)~ ※上映終了時期未定
■時間:約30分 ※VR機材の着脱含む
■料金:大人/1,500円 子ども(7歳以上中学生未満)/900円
■場所:コニカミノルタプラネタリア  TOKYO VirtuaLink (VRアトラクション)
■詳細:https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/program/virtualink/autumn_19/
※鑑賞料金を含む詳細は、上記URLよりご確認ください。
■スケジュール:https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/schedule/
※曜日、時節によって上映時間が異なります。上記URLよりご確認ください。
※7歳未満のお子様は本作品を体験いただけません。

【Feather 予告編・あらすじ】

Featherは、ちいさな人形の少女がバレエダンサーになる夢を目指す物語です。古い屋根裏部屋にひっそりと置かれているドールハウスの中で、ストーリーは繰り広げられます。
Featherとは、『勇気』や『はげまし』の意味を内包するシンボルです。白くて軽くて、フワッとした羽の形をしています。少女が何らかの困難にぶつかった時、体験者のもとにFeatherが現れます。体験者は少女を見守るだけでなく、Featherを掴んで少女に手渡すことで、インタラクティブに作品の世界と関わることができます。
少女はFeatherを受け取りながらすくすくと成長していき、バレエダンサーになる夢へと突き進んでいきます。

【Feather 制作チーム】
■監督:伊東ケイスケ(VR・3DCGアーティスト)
■音楽:森下唯(ピアニスト)
■プロデューサー:待場勝利(Supership株式会社VR戦略企画室 / VR映画プロデューサー)
■アシスタントプロデューサー:大橋哲也(CinemaLeap代表取締役)

【Feather 公式HP・SNS】
■公式HP
http://keisukeitoh.com/feather.html

■公式SNS
・Facebook:https://www.facebook.com/FeatherVR (@FeatherVR)
・Twitter:https://twitter.com/FeatherVR (@FeatherVR)
・Instagram:https://www.instagram.com/feathervr/ (@feathervr)

-VR, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.