VR ニュース

台湾発のVRアトラクション施設「VR+」、日本国内でも展開開始

投稿日:

台湾発のVRアトラクション施設「VR+」、日本国内でも展開開始

株式会社ダイナモアミューズメントが、2017年12月より台湾発VRアトラクション施設「VR+」の日本国内への展開を開始した。

「VR+」は複数人数で攻略するVRアトラクションを集合しトータルデザインされたアミューズメント施設およびアミューズメントエリアで、ダイナモアミューズメントが日本国内版制作を担当している。日本国内第1号店舗として2017年12月よりアドアーズのVRエンターテイメント施設「VR PARK TOKYO」池袋店内にオープン稼働している。主要VRアトラクションは以下のとおり。

・「DEAD PRISON」(デッドプリズン):3~5人プレイ
台湾発のVRアトラクション施設「VR+」、日本国内でも展開開始
仲間と協力してゾンビが蔓延する監獄から生還を目指すVRガンシューティング。
VRヘッドマウントディスプレイの全方位映像に加え、プレショウムービーによるストーリー設定の説明、リアルな重量感とギミックを備えた専用銃(ショットガン、マシンガン、ハンドガン)と振動する床面がVR空間内でのリアルな体感を演出、プレイヤーたちの緊張感を高め没入感も向上します。攻略にはチームワークが重要で、プレイヤー達が協力して何度も挑戦したくなるようにゲームデザインがなされています。

・「DEATH ROOM」(デス・ルーム):4~8人プレイ
台湾発のVRアトラクション施設「VR+」、日本国内でも展開開始
円卓を囲むように座り、仲間と協力して迫りくる怨霊から身を守るVRホラー。
他のプレイヤーからの情報が攻略のカギとなるのでコミュニケーションが重要な要素になります。初対面同士でも楽しめるよう設計されています。プレショウムービー、VR空間内を再現した内装や振動する床など、ヘッドマウントディスプレイ映像以外の部分でも恐怖を演出し、プレイヤーの体験・プレイの満足度を高めています。

・「GET OUT OF MY HOUSE」(ゲットアウトオブマイハウス):3~5人プレイ
台湾発のVRアトラクション施設「VR+」、日本国内でも展開開始
コミカルな世界の中で、仲間と協力してゾンビ化した街の住人から博士を守るファミリー向けVRガンシューティング。プレイヤー全員にバラバラに割り当てられたコミカルな武器の特徴をつかんで全員で協力して攻略を目指します。プレショウムービーや振動する床がポップでコミカルな世界の中へ違和感なく誘います。

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.