VR イベント ニュース

FOVE、視線追跡技術を応用したVRゲームのデモを東京ゲームショウに出展

投稿日:

FOVE、視線追跡技術を応用したVRゲームのデモを東京ゲームショウに出展

視線の動きでコントロールできるVRヘッドマウントディスプレイ「FOVE」を開発する株式会社FOVEが、2016年9月15日(木)~9月18日(日)に幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2016」に出展し、視線追跡、瞬き認識などの機能を盛り込んだVRゲームのデモ3作を展示すると発表した。その他、イベント当日は出展ブース(小間番号:9-W08)にて30分に1回実施する、具体例を用いた視線追跡技術のゲームへの活用方法に関するプレゼンテーションや、FOVE最新情報の発表を予定しているという。出展タイトルの詳細は以下のとおり。

(1) 「Project Falcon(プロジェクトファルコン)」
視線追跡を利用したファーストパーソン・シューティング(一人称視点シューティング)ゲームです。視線追跡技術を用いて見るだけで素早く敵をロックオンするなど、直感的な操作が可能です。視線追跡技術の使用例として展示いたします。

(2) 「Judgement(ジャッジメント)」
表示される選択肢を意識的に選ぶのではなく、プレイ中に注目した物や場所によりストーリーが自然に分岐していく脱出系ゲームです。監禁された状態からスタートし、尋問をくぐり抜けどのようなエンディングになるかはプレーヤーの行動次第。視線追跡を用いた新しいコンテンツ例として展示いたします。

(3) 「Functions(ファンクションズ)」
目の動きによるキャラクター操作や、目の開閉による演出変化など、最先端視線追跡技術を活用したミニゲーム集です。目の動作(開閉、注視など)による操作および演出変化の具体例として展示いたします。

当日は、実際にFOVEプロトタイプ機を用いて新規デモゲームを体験できるエリアが準備されるとのこと。

-VR, イベント, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.