3DCG Avatar ニュース

観客のアバターを舞台に出演 パナソニックが3Dスキャニングブースを「歌舞伎ラスベガス公演」にて公開

投稿日:

観客のアバターを舞台に出演 パナソニックが3Dスキャニングブースを「歌舞伎ラスベガス公演」にて公開

パナソニック株式会社が、2016年5月3日、ラスベガスの「DAVID COPPERFIELD THEATER」(MGM グランドホテル内)における歌舞伎公演「獅子王 - SHI-SHI-O -」(英題 “Kabuki Lion: The Adventures of the Mythical Lion”)の初日にあわせ、同社の最新技術となる3Dスキャニングブースを公開した。

パナソニックの3Dスキャニングブースには、同社のデジタルカメラ「LUMIX GX8」が54台設置されており、撮影者の姿をあらゆる角度から撮影し、高精細な3D画像データを生成できる。同社はこれを公演会場に設置し、観客の3D画像データを撮影して、それをあらかじめ収録した歌舞伎俳優のモーションデータと組み合わせアバター動画を製作するとともに、3Dプリントフィギュアの大手であるドイツのdoobとも提携し、観客自身のオリジナル歌舞伎フィギュアの製作サービスも提供した。また観客の”3D歌舞伎アバター”の一部は本公演でも活用された。
パナソニックでは、今回のラスベガスデビューに続き、この3Dスキャニングブースを商業施設やスポーツイベントなどの様々なエンターテインメントの場で展開していくことを検討しているという。

「Japan KABUKI Festival in Las Vegas 2016」 特設ページ
http://news.panasonic.com/global/presskits/kabuki2016

-3DCG, Avatar, ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.