AR ニュース

NEC、腕を仮想キーボード化するユーザインタフェース「ARmKeypad」を開発

投稿日:

NEC、腕を仮想キーボード化するユーザインタフェース「ARmKeypad」を開発

NECが、ウェアラブルグラス用の新たなユーザインタフェース(UI)として作業者の腕を仮想キーボード化する「ARmKeypad(アームキーパッド)」を開発した。

「ARmKeypad」は、ウェアラブルグラスとウェアラブルウォッチを連携させる新しい認識技術により、作業者の前腕へ仮想キーボードを表示して高速・高精度なタッチ入力を実現したもの。まるで腕にキーボードや入力ボタンを装着している感覚でタッチ入力が行えるため、設備保全・保守点検や検品、在庫管理といった業務の効率化が可能となる。キーボードのレイアウトは利用シーンに合わせて自由に変更可能で、また認識精度が高くスムーズにキー操作が行なえるため音声入力が困難な騒音下での利用にも適している。入力時は腕へのタッチ(振動)によって入力を判別するため、接触・非接触をしっかりと区別して検出でき、タッチをしたことを作業者自身が確実かつ触覚的に確認できる。
NECでは、同社グループが開催する「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2015」(会期:11/12(木)~13(金)、会場:東京国際フォーラム(東京都千代田区))にて「ARmKeypad」を展示するという。

-AR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.