VR ニュース

Microsoft、複合現実ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」の開発者向けキットを2016年第1四半期に発売

投稿日:

Microsoft、複合現実ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」の開発者向けキットを2016年第1四半期に発売

Microsoftが、現在開催中の「Microsoft Windows 10 devices event」にて、複合現実(MR)対応型ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」の開発者向けキット「HoloLens Development Edition」を2016年第1四半期に3000ドル(約36万円)でリリースすると発表した。

複合現実(MR)とは、現実空間と3DCGなどのデータを混合し、現実と仮想がリアルタイムに影響し合う空間を構築する技術。「HoloLens」はVRゴーグルのように頭にかぶり、現実の風景をベースに様々なコンテンツが楽しめるヘッドマウントディスプレイ。完全に仮想空間に没入して臨場感を味わうのではなく、あくまでも現実世界の上でコンテンツを見るのが特徴で、Windows 10も搭載されておりそれ自体がコンピューターの役割を果たしている。既にMicrosoft傘下のサンドボックスゲーム「Minecraft」のHoloLens対応が発表されており、本日のイベントでは現実世界に襲来したロボットを光線銃で撃ち落とすMRシューティングゲーム「Project X-Ray」のデモも発表された。現在、同社のサイト内にて「HoloLens Development Edition」の予約受付が行われている。予約ページはこちら

Microsoft、複合現実ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」の開発者向けキットを2016年第1四半期に発売

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.