VR ニュース 仮想空間

WEGO、VR展示即売会「バーチャルマーケット4」にバーチャル1号店を出店決定

更新日:

株式会社ウィゴーが、同社が運営するアパレルショップ「WEGO」のバーチャル1号店を2020年4月29日~5月10日に開催予定のVR展示即売会「バーチャルマーケット4」に出店する。

WEGO、VR展示即売会「バーチャルマーケット4」にバーチャル1号店を出店決定

「WEGO」初となるバーチャル店舗の1号店は、パラリアルワールド(平行現実世界)をテーマとした仮想都市《パラリアルトーキョー》内に「WEGOパラリアルトーキョー店」として出展する。同ブランドは今回の出店を機に、既存のWEGOの客層から拡張し、新たなターゲットに向けて販売チャネルを構築すると共に、既存のリアルファッションの価値に“デジタル表現”という更なる価値を付加するとしている。また今後は、バーチャルファッションの展開によりアバター用のデジタルアイテム市場への参入も視野に入れていくという。なお、今回のバーチャル店舗の販売スタッフについては、現役のWEGOスタッフをアバター内でリモート起用し、新しい雇用形態に取り組むとのこと。

【WEGOパラリアルトーキョー店】概要
店舗デザイン&アバターデザイン:さわえみか店舗グラフィック:COSAONE/NBS
所在:パラリアル原宿

【WEGOパラリアルトーキョー店】サービス内容詳細
■アバター用の「おしゃれなファッション」を提供
バーチャルマーケットでのアバターのファッション(衣装)をコーディネートで販売。
WEGOで販売されるリアルアイテムをデジタルデータ化し、WEGOならではのトレンド感のあるスタイリングを、現在バーチャル空間では存在しない「アバターのサイズ基準(S/M/Lのようなもの)」で提案。有名アバターが
フィッティングして展開します。
また、バーチャル店舗内での販売スタッフについては、現役WEGOスタッフをリモートワークで起用し、アバターの中でサービスを提供していきます。

WEGO、VR展示即売会「バーチャルマーケット4」にバーチャル1号店を出店決定

■COSAONE氏によるグラフィティアート・フォトスポットの設置
グラフィティをはじめとして、スケートボード、アンダーグラウンドミュージックなどストリートのカウンターカルチャーの創世記から深く関わって来たCOSAONE氏による【WEGOパラリアルトーキョー店】のウォールグラフィティアートが出現。展開するヴァーチャルファッションを着用したアバターで写真を撮るフォトスポットとしても機能し、SNS投稿キャンペーンなど開催していきます。

WEGO、VR展示即売会「バーチャルマーケット4」にバーチャル1号店を出店決定
COSAONE
2003年8月大阪アメリカ村の黒田征太郎氏による壁画、"PEACE ON EARTH"とのコラボレーションとして
DISE 、ZENONE 、VERYと共に壁画を制作。
グラフィティ以外の落書きに悩まされていた壁を15年間無傷というアメリカ村始まって以来の快挙を成し遂げる。
日本のグラフィティライターとしてはいち早くデジタルなどの新しい手法に着目し、イラストレーター、iPad pro(Procreate)などでの作品を意欲的に制作を続けている。
COSAONE Officialhttps://cosaoner.wixsite.com/cosaone

-VR, ニュース, 仮想空間
-,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.