VR ニュース 仮想空間

HIKKY、バーチャル空間上での同人誌即売会「ComicVket 0」を開催決定

更新日:

株式会社HIKKYが、2020年4月10日(金)~12日(日)の3日間、VR空間上に、同人誌即売会「ComicVket 0」(コミックブイケット ゼロ)を開催する。HIKKYは、昨年、8日間で世界中から延べ約71万人が参加したVR空間上の展示即売会「バーチャルマーケット3」を開催しており、ここで培った運営ノウハウを元に今回のイベントを開催するとしている。

HIKKY、バーチャル空間上での同人誌即売会「ComicVket 0」を開催決定

「ComicVket 0」は、VRヘッドマウントディスプレイなどのVR機器のほか、スマートフォン、PCから誰でも参加できるVR空間上の同人誌展示即売会。人気漫画家やイラストレーターがVR空間上の会場にブースを出展し、来場者は気に入った作品を購入することができる。
VR空間上で開催するイベントは海外からの参加者が多いことが特徴で、同社が前回開催した「バーチャルマーケット3」では、参加者の70%程度が海外ユーザーだったという。
なお、開催プラットフォームは「VRChat」「cluster」「STYLY」の3サービスとなる。開催概要は以下のとおり。

【開催概要】
・日程
2020年4月10日(金)17:00~12日(日)24:00の3日間
・場所(参加方法)
以下のソーシャルVRプラットフォーム内特設ワールド(バーチャル空間)で開催

・VRChat 
(HP)https://vrchat.com/
(参加方法)https://comic-vket.com/access_vrchat

・cluster ※スマホ対応
(HP)https://cluster.mu/
(参加方法)https://cluster.mu/about

・STYLY
(HP) https://styly.cc/ja/
(参加方法)https://styly.cc/ja/download/

会場となるバーチャル空間(ワールド)のイメージ
HIKKY、バーチャル空間上での同人誌即売会「ComicVket 0」を開催決定

参加予定の漫画家、イラストレーター
●lack
イラストレーター TCG、ゲーム、ライトノベルなどで主にイラスト製作。代表作FGO岡田以蔵など。
Twitter:https://twitter.com/lalalalack フォロワー36万人

●和遥キナ 
イラストレーター。書籍の装画を中心に活動。昨年、4冊目の商業画集を上梓。
Twitter:https://twitter.com/kazuharukina フォロワー11.8万人
Web : https://kazuharukina.info/

●タカヤマトシアキ
日本デザイン専門学校卒業後、 トレーディングカードゲーム、玩具、書籍など多方面で活動中。
筋骨隆々な男性からドラゴン、メカ、可愛いモンスターまで幅広く描く。
Twitter: https://twitter.com/tata_takayama フォロワー5.6万人
Web: http://t-com.moo.jp/

●よー清水
フリーの絵描き。「ヒプマイ」や「甲鉄城のカバネリ」のデザインを担当。
Twitter:https://twitter.com/you629 フォロワー8.2万人

●竹花ノート
イラストレーター。ライトノベル挿画をはじめキャラクターデザインなどを中心に活動。
Twitter : https://twitter.com/nano_phan フォロワー18.7万人
Web : https://takehana-note.tumblr.com/works

同人誌の販売方法について
ワールド内の各出展者の展示ブースにて、デジタルデータもしくは冊子として作品を購入可能です。出展される作品は、オリジナルのコミック、イラスト、小説などです。

※今回は急遽開催を決定したため、出展者の公開募集は行っておりません。出展をご希望の方は、ぜひ2020年8月開催予定の「ComicVket 1」の出展者登録フォームへご登録ください。最新情報は公式twitter(https://twitter.com/ComicVket)にて発信して参りますのでフォローをお願い致します。
登録フォーム:URL https://comic-vket.com/ex_app

-VR, ニュース, 仮想空間
-,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.