AR VR ニュース

SB C&Sとホロラボ、3D CAD/BIMをAR/MR向けに自動変換する「mixpace」のHoloLens 2対応版を3/2に発売

投稿日:

SB C&S株式会社株式会社ホロラボが、3D CADやBIMで作成した設計データを自動でAR/MRに変換する製造業・建設業向け可視化ソリューション「mixpace(ミクスペース)」のHoloLens 2対応版を2020年3月2日に発売する。この発売に合わせ両社は3月13日までに申し込んだ人を対象に、「年間ライセンス10%ディスカウントキャンペーン」を開催する。

SB C&Sとホロラボ、3D CAD/BIMをAR/MR向けに自動変換する「mixpace」のHoloLens 2対応版を3/2に発売

「mixpace」は、AR/MR技術を活用した3Dデータの可視化を行いたいという法人ユーザー向けにサービスを提供している。2019年2月25日にHoloLens対応版をリリースし、次いで2019年12月3日にiPad対応版もリリース。
今回リリースされるHoloLens 2対応版でも「mixpace」の特長である3D CADやBIMデータのAR/MR化に必要な変換・管理・表示機能をワンストップで提供する機能を引き継いでおり、既にHoloLens 2を持っている人は「mixpace」を導入することで、すぐに業務で活用することができる。また、HoloLens2対応版のリリースに伴い、3D CAD・BIMデータのAR/MR向け変換処理システムの改善を実施したという。
なお、HoloLens 2対応版の提供開始に伴い、HoloLens対応版のサポートは終了となる。

SB C&Sとホロラボ、3D CAD/BIMをAR/MR向けに自動変換する「mixpace」のHoloLens 2対応版を3/2に発売

【「mixpace」の特長】
・3D CAD、BIMデータをユーザー専用Webページにアップロードするだけで、自動でAR/MR向け3Dデータに変換
・AR/MR開発の専用スキルがない人でも簡単に利用でき、AR/MR化の作業効率が大幅に向上
・クラウドベースのサービスなので、場所や環境を選ばずいつでも利用可能
・変換機能の一部にオートデスク社のAutodesk Forgeを採用しており、複数のメジャーなファイルフォーマットに対応。オートデスク社の3D CAD、BIM各種データ形式のほか、製造・設計用3D CADの中間ファイル形式などの主要なファイル形式に対応(一部対象外あり)
・変換されたデータは日本マイクロフトのクラウドプラットホーム「Microsoft Azure」上のセキュアなストレージに保存し、高いセキュリティーを保持
・HoloLens 2とiPad(一部機種)に対応した2つの専用ビューアーアプリを提供

-AR, VR, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.