VR ニュース

「5G×低遅延VRリアルタイム配信×ネットワークカメラ」実証実験で1秒以下の低遅延配信に成功

投稿日:

株式会社クリーク・アンド・リバー社のVR分野の子会社である株式会社VR Japanが、コニカミノルタジャパン株式会社、および株式会社NTTドコモと共同で、2019年12月に行われた「ドコモ5Gオープンラボ Yotsuya」(以下オープンラボ)での5Gを活用した共同実証実験において、360°映像のデータを1秒以下の低遅延で配信することに成功した。

「5G×低遅延VRリアルタイム配信×ネットワークカメラ」実証実験で1秒以下の低遅延配信に成功

この実証実験は2019年12月実施し、オープンラボの5G環境下でVR Japanが所有する低遅延VRリアルタイム配信システム(以下VRJ配信システム)を用いて、コニカミノルタジャパンが提供するMOBOTIXで撮影したVR映像をVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)に何秒で配信できるかを検証。配信時間1秒以下で実現できることを確認した。
3社は2020年2月にも実証実験を予定しており、5Gに加えてドコモオープンイノベーションクラウドを用いることで高いセキュリティを確保した上での低遅延配信の実現を目指すという。

共同実証実験における各社の役割
【VR Japan】
・VRJ配信システムの提供
・VRゴーグルの提供
・実証実験による実用性確認

【コニカミノルタジャパン】
・MOBOTIXの提供
・実証実験用超音波診断装置の提供

【ドコモ】
・実証実験検証環境(オープンラボ)
・ドコモオープンイノベーションクラウド™の利用環境

また、同ソリューションを、1月23日(木)~24日(金)に東京ビッグサイトにて開催されるドコモのイベント「DOCOMO Open House 2020」にて展示・紹介する。

-VR, ニュース
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.