VR ニュース

H2LとNTTドコモ、水の抵抗感や揺れを遠隔で体感できるカヤックロボットを共同開発

投稿日:

H2L株式会社と株式会社NTTドコモが、H2Lが保有するBodySharing技術と次世代の移動通信方式5Gを用いて遠隔操作のカヤックロボットを共同開発した。2両社は019年12月18日(水)~21日(土)に東京ビックサイトで開催される「2019国際ロボット展」にて動態展示する。

H2LとNTTドコモ、水の抵抗感や揺れを遠隔で体感できるカヤックロボットを共同開発

H2Lは、視覚や聴覚だけでなく触覚を含む身体感覚を伝達する技術BodySharingに強みを持っている。BodySharing技術は、離れた場所にあるロボットや他者と遠隔地から身体の動きを共有することを目的とした技術で、既に腕に装着するセンサーもリリースしている。
今回の展示は、遠隔操作カヤックロボットをブース内のプールで実際に動かし、遠隔地での5Gを通じたカヤックロボットの動き連動を想定した動態展示となっている。ユーザーは、ブース内に設置された操縦機によりカヤックロボットを動かすことができる。操縦機を通じ、ユーザーは操作するパドルが水面をかく重さや、モーションプラットフォームによりカヤックロボットの揺れを体感し、リアルな遠隔操作ロボットの体感を体験することができる。
また、カヤックに搭載された人間の上半身となるトルソロボットに搭載されたカメラと、VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)の視界をユーザーと共有することで、ユーザーはカヤックロボットの操作だけではなく、カヤックロボットからの視界連動も体感することができる。

●2019国際ロボット展のH2Lブースについて
[期間] 2019年12月18日(水)〜21日(土) 10:00~17:00
[場所] 東京ビックサイト
[H2Lブース位置] 東京ビックサイト南館 ホール4 S4-01
https://biz.nikkan.co.jp/eve/irex/

H2LとNTTドコモ、水の抵抗感や揺れを遠隔で体感できるカヤックロボットを共同開発

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.