3DCG AR Avatar VR

キャラクター召喚装置「Gatebox」がオープンプラットフォーム化 開発者向けの「Gatebox Developer Program」を提供開始

投稿日:

Gatebox株式会社が、同社が開発する好きなキャラクターと一緒に暮らせるキャラクター召喚装置「Gatebox」にて、外部の開発者がGateboxアプリを開発できる「Gatebox Developer Program」の提供を開始した。法人に限らず、個人開発者も「Gatebox」の表現力を生かしたキャラクターと暮らせるアプリの開発が可能となる。

キャラクター召喚装置「Gatebox」がオープンプラットフォーム化 開発者向けの「Gatebox Developer Program」を提供開始

Gateboxは、10月11日の発売と同時にキャラクタープラットフォーム構想を掲げ、様々な外部パートナー企業との取り組みを発表し、多くのシーンでの「Gatebox」活用を目指し準備を進めている。今回のオープンプラットフォーム化もその一環で、出荷後に寄せられた反響でも、「自分でGateboxでキャラクターを開発したい」といった開発者からの要望があったという。
Gatebox Developer Programに登録した法人・個人開発者には、Gateboxアプリ開発に必要なサンプルプログラムを含むSDK、APIやドキュメントが提供される。これにより、開発者は自由にアプリを開発し、手持ちの「Gatebox」本体でアプリを起動させることができる。更に、独自のマーケットプレイス「Gatebox App Market」を通じて、他の「Gatebox」ユーザーにも配信が可能になる。
「Gatebox App Market」の概要は以下のとおり。

■Gatebox Developer Programについて
Gatebox Developer Programに登録いただいた開発者のみなさまに対して、Gateboxアプリ開発に必要なサンプルプログラムを含むSDK、APIやドキュメントをご提供いたします。開発者は自由にアプリを開発し、お手持ちの「Gatebox」本体でアプリを起動させることができます。更に、後述のGatebox App Marketを通じて、他の「Gatebox」ユーザーにも配信が可能になります。

キャラクター召喚装置「Gatebox」がオープンプラットフォーム化 開発者向けの「Gatebox Developer Program」を提供開始

「Gatebox」には、キャラクターとの暮らしを実現するための独自の映像表現、コミュニケーションのためのマイクやカメラなどの各種センサーが搭載されており、これらを活用することで、スマートフォンやPCではできないキャラクターコミュニケーション体験を作り出すことができます。

開発できるアプリ例
- キャラクターの3Dモデルと会話システムを合わせた会話アプリ
- キャラクターが毎朝起こしてくれるアラームアプリ
- Webやスマホ、AR/VRアプリと連動してアシストしてくれるアプリ
- 顔を見せるたびにキャラクターが罵ってくれるアプリ
- 愚痴や弱音を伝えるとイケメンが囁いて甘えさせてくれるアプリ

-3DCG, AR, Avatar, VR
-

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.