VR ニュース

仙台育英、米Immerseの「対人VR英会話レッスン」を試験的に導入開始

更新日:

仙台育英学園高等学校が、同校の英進進学コースの生徒を対象に、米Immerseが日本法人向けに提供しているVR英会話サービスを試験的に導入する。教育機関がアメリカ人講師による対人VR英会話レッスンを導入するのは世界初で、日本国内でTOEIC Programの実施・運営を行うIIBCの協力のもと、TOEIC Speaking Testにおいて学習効果の検証を第三者機関として行い、生徒の英語力に有意な差が見られたかを検証する。

仙台育英、米Immerseの「対人VR英会話レッスン」を試験的に導入開始

対人VR英会話サービス」は、VRにより数十種類の現実に近い英語利用シーン(空港、オフィス、会議室、レストランなど)の中で現実に近い英会話を学習することで、英語学習への集中力と教育効果を高められるサービス。
同校では、英語における2技能(読む、聞く)を試験する現行の大学入試センター試験が、2023年度から「大学共通テスト」に変更し、英語4技能(話す、書く、読む、聞く)を検査する検定試験や民間資格を併用した体制に変更することを見据え、より社会で使える英語を「話す」機会を創り出すことを狙いとし、他の教育機関に先駆けて試験的に導入を行うことを決定したという。

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.