その他 レポート

【レポート】寝転がったままで体験可能 VRとリアルを組み合わせた新感覚お化け屋敷「怨霊の金縛り屋敷」

投稿日:

宮城県・仙台駅前にある商業ビル「イービーンズ」の9階「杜のイベントホール」にて、VRとリアル恐怖体験を組み合わせた新感覚お化け屋敷「怨霊の金縛り屋敷」が期間限定オープンしています。そういえば昨年の今頃も同じ場所でVRアトラクション「バーチャルラボ仙台」が開催されていたので、「仙台の夏=VRが体験できる」と定番化しつつあるのかもしれません。

関連記事:
【レポート】5種類のマルチプレイVRアトラクションが楽しめる「バーチャルラボ仙台」が仙台駅前にて開催中! その様子をお届け

【レポート】寝転がったままで体験可能 VRとリアルを組み合わせた新感覚お化け屋敷「怨霊の金縛り屋敷」
ビルの壁面に掲示されている巨大バナー。かつて仙台でここまで大々的にVRアトラクションが宣伝されたことがあったでしょうか。

この「怨霊の金縛り屋敷」は、来場者が「とある村に辿り着いた旅行者」となり、村に代々伝わる「呪いの人形」をたまたま見てしまったため、「厄払い」のための家屋で一晩過さなければならなくなった…というシチュエーションを疑似体験するアトラクションです。

【レポート】寝転がったままで体験可能 VRとリアルを組み合わせた新感覚お化け屋敷「怨霊の金縛り屋敷」
ビルの入り口に設置されているモニターでもガンガン煽ってます。

このアトラクションの特徴は、VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)を装着してコンテンツを体験する”だけ”ではないこと。既にお化け屋敷的なVRコンテンツを使用したお化け屋敷は日本各地で開催されていますが、特に黎明期はVR HMDをただ装着するだけ…というところがほとんどでした。しかしこの「怨霊の金縛り屋敷」は、立体音響やスタッフによる演出などを加え、映画鑑賞で例えるなら4DXのような体験を来場者に提供します。

【レポート】寝転がったままで体験可能 VRとリアルを組み合わせた新感覚お化け屋敷「怨霊の金縛り屋敷」
もう一つ特長的なのは、寝転がったままで体験できること。というのも、前述のとおり『「厄払い」のための家屋で一晩過さなければならなくなった』シチュエーションを体験するからです。一晩過ごすということは寝ているということですからね。お化け屋敷の定番である暗い場所を歩くこと、またVRの醍醐味である360度好きな場所を見渡せることの双方を敢えて封じ、来場者の姿勢を固定したうえでVRで恐怖を演出するという、実に挑戦的なコンテンツです。なお、広い場所を必要としないため一度に複数人(最大6人)が体験可能なので、週末でもあまり待ち時間が長くなりません。

【レポート】寝転がったままで体験可能 VRとリアルを組み合わせた新感覚お化け屋敷「怨霊の金縛り屋敷」
チケットを購入した後、スタッフの誘導に従いお化け屋敷エリアに入場し、モニターでコンテンツのプロローグとVR HMDの説明動画を見ます。つまり待っている間に来場者にコンテンツの内容とVR HMDの装着方法を覚えてもらおうというわけです。これは上手い時間の使い方!

【レポート】寝転がったままで体験可能 VRとリアルを組み合わせた新感覚お化け屋敷「怨霊の金縛り屋敷」
ちなみにこの動画で使用されているVR HMDがOculus GOであることを知りました。ただしコントローラーを使用する場面はありませんが。

【レポート】寝転がったままで体験可能 VRとリアルを組み合わせた新感覚お化け屋敷「怨霊の金縛り屋敷」
暗くて見えづらいかもしれませんが、こちらがアトラクションの体験シートで、実際にここに寝転がってヘッドホンとOculus GOを装着しアトラクションを体験します。斜めの背もたれがありますが、実はこれこそがポイント。実はこれはアトラクションの内容と連動した振動シートになっており、来場者の背中を直接ブルブル震わせることで、得体の知れない現象が発生している不気味さを演出します。

ここから先はOculus GO装着後のためテキストのみで説明させて頂きますが、アトラクションが始まってまず眼前に現れるのは、「厄払い」のために一晩過ごすことになった家屋の一室。既に自分は布団で寝ており、ちょうど寝転がっている実際の姿勢とリンクします。一応VR空間は360度作り込まれているようですが、寝転がっているし、そもそも「怨霊の金縛り屋敷」というタイトルから分かるように「金縛り」になるという設定なのだから、ムリヤリ首を動かしてあたりを見回してもあまり意味はありません。むしろあちこち視線を動かすと、肝心の”何か”を見逃してお化け屋敷的に勿体ないことになります。
寝転がってしばらくすると”何か”が現れるのですが、その際に背もたれが振動するだけでなく、突然風が吹いたり、顔の前を髪の毛のようなものがサッと横切ったりと細かい演出が加えられ、より恐怖に臨場感を加える演出が行われていました。

アトラクションの体験時間は10分ほどで、普通ならVRコンテンツが終了したらそのまま出口に誘導されるものですが…

【レポート】寝転がったままで体験可能 VRとリアルを組み合わせた新感覚お化け屋敷「怨霊の金縛り屋敷」
実はこのアトラクション、その”次”も用意されているのです。それを具体的に書くとネタバレになってしまうので敢えて伏せますが、気になった方は是非実際に体験してみて下さい。実施期間は9月1日(日)までで、期間中の休館日もありません(最終入場は19:30)。

会期:2019年 7月19日(金)~9月1日(日)
会場:仙台駅前 EBeanS 9階 杜のイベントホール
開場時間:11:00~20:00(最終入場は19:30)
休館日:なし
主催:TBC東北放送
企画制作:株式会社闇・MBS
Web:http://www.tbc-sendai.co.jp/tc_event/special/kanashibari2019/index.html

-その他, レポート
-, ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.