VR ニュース

キャドセンター、BIMデータを活用しAR・VRコンテンツ制作を行うサービスを開始

投稿日:

株式会社キャドセンターが、BIM(Building Information Modeling)データを3DCGに変換し、AR・VR等のコンテンツとして提供するサービスを開始すると発表した。

キャドセンター、BIMデータを活用しAR・VRコンテンツ制作を行うサービスを開始

これまで同社では、2DのCADデータから3DCGを作成する業務に取り組んできたが、不動産領域におけるデジタルコンテンツ制作の知見を生かし、AR・VR等のデジタルコンテンツに必要となる3DCGの制作を、設計用BIMデータから変換することで効率化するフローを確立したという。

キャドセンター、BIMデータを活用しAR・VRコンテンツ制作を行うサービスを開始

同サービスでは、BIMデータの変換を効率的に行い、ワンソース・マルチユースでのコンテンツ展開が可能となる。リアルタイムレンダリングに対応することでAR・VR等のデジタルコンテンツ制作に活用するほか、配信機能を活用してブラウザ経由での操作も実現。複数同時アクセスにより設計検討にも利用できるほか、マンションやオフィスビル等の販売プロモーションツールとして制作する物件パースのアングル検討等にも活用できるという。
なお、同サービスの実現にあたり、ゲームエンジン「Unreal Engine」を提供するエピック・ゲームズ・ジャパンの協力を得ているとのこと。

-VR, ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.