VR ニュース

JAL、VRを活用した整備訓練トライアルを実施

投稿日:

JALが、エンブラエル170型機、190型機の整備士が国家資格を取得する際の訓練の一部で、VRを取り入れた訓練のトライアルを実施する。実際の飛行機が身近にない環境でも、VR空間で実際の整備作業に近い訓練機会を創出することで、整備作業の習熟度向上を目指すという。

JAL、VRを活用した整備訓練トライアルを実施

整備士の訓練では、コックピットの模型やシミュレーターを使って操作の学習を行っているが、今回はVRを補助的なツールとして訓練課程に追加することで、操作の習得が向上するか検証するという。なお、このトライアルの実施のため、JALと東芝システムテクノロジー株式会社は、整備作業の際に必要となるエンジン試運転の工程をCGで再現したVR訓練教材を開発した。エンブラエル170型機、190型機の整備訓練教官の監修により制作したVR空間では、実際の音声や計器の動きが忠実に再現されており、整備士は実際の飛行機に近い環境で、体を動かしながら、時間や場所を問わずエンジン試運転作業を学ぶことができる。さらに、訓練後にはテストモードにて動作の正誤確認が可能なため、整備士は自身の習熟度を確認しながら効果的に学習できる。トライアルの実施期間は2019年7月~9月まで。

-VR, ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.