イベント ニュース

全脳アーキテクチャ若手の会、5/25にカジュアルトーク「人工知能とドラえもんから考えるデジタル社会の未来」を開催

投稿日:

人工知能コミュニティ「全脳アーキテクチャ若手の会」が、5月25日(土)13:30~17:00に仙台市内のコワーキングスペース「enspace」にて『「カジュアルトークin東北」〜人工知能とドラえもんから考えるデジタル社会の未来〜』を開催する。参加費は無料で定員は50名(事前登録制)。

全脳アーキテクチャ若手の会、5/25にカジュアルトーク「人工知能とドラえもんから考えるデジタル社会の未来」を開催

このイベントは、機械学習や人工知能に興味のある人、最先端の技術の話を聞いてみたい人、ドラえもんを作りたい人などを対象に、機械学習や人工知能、その周辺に関わる各人の取り組みを発表・議論するもの。当日は「ドラえもんを作る」ということでメディアにも注目されている同会の創設者である大澤 正彦氏のセッションも予定されている。
開催概要は以下のとおり。

「カジュアルトークin東北」
〜人工知能とドラえもんから考えるデジタル社会の未来〜 (仮題)
日時 : 2019年5月25日 (土) 13:30 ~ 17:00 (13:30開場)
開催地: 宮城県仙台市青葉区国分町1-4-9 enspace
( https://www.enspace.work/about/access/ )
途中入退出可・服装自由・飲食可.
対象者:機械学習や人工知能に興味のある方,最先端の技術の話を聞いてみたい方,ドラえもんを作りたい方
参加費 : 無料
定員:50名
(50人に達し次第申し込みを締め切ります.)

【概要】
機械学習や人工知能,またその周辺に関わる各人の取り組みを自由に発表・議論する場を提供しています.
登壇者には技術から社会まで幅広いトピックでショートトークを行っていただきます.
各登壇者のユニークな体験や知識を直接聞くことのできる機会ですので,興味を持った方はぜひお申し込みください.

【登壇者】
・大澤 正彦 様 「ドラえもんを作るために5年間やってきたこと。」
(慶應義塾大学 大学院 理工学研究科 博士後期課程3年 ・本会創設者・認知科学若手の会代表)

・福田 聡子様 「友だちになれるロボットを目指して(仮)」
(株式会社BLUEM 取締役 COO)

・千葉 直也 様 「金属工業部品ばら積みピッキングへの挑戦」
(東北大学 大学院 情報科学研究科 システム情報科学専攻 博士後期課程 2年)

・加藤 聡泰 様 「」
()

・ 田尻 健斗 様 「型システムと自然言語のつながり」
(筑波大学 大学院 システム情報工学研究科 博士後期課程 3年)

・澤谷 一磨 様 「空間分析的視点で都市を眺める(仮)」
(東北大学 経済学部 2年)

・中屋 悠資 様 「私と東北支部 〜プログラミングを用いた離散数学研究から本会での活動まで〜」
(東北大学 工学部 電気情報物理工学科 情報工学コース 3年・本会東北支部 副代表)

主催 : 全脳アーキテクチャ若手の会 東北支部
後援 : enspace (https://www.enspace.work/)

申し込みはこちら
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdFCUP3RXr4IafAG2o9WkE3C6lo0BVvy4Aay5BX2y1CS96MOw/viewform

-イベント, ニュース
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.