VR ニュース

スタイルポート、不動産VR内覧サービス「ROOV」を活用した販売支援ツールを開発

投稿日:

不動産VR内覧サービス「ROOV」を展開する株式会社スタイルポートが、新築分譲マンションの販売センター等で「ROOV」を効果的に活用するための販売支援ツールを開発し、「コミュニケーションパッケージ」としてリリースした。既にザ・パークハウス高輪フォート(三菱地所レジデンス株式会社)やイニシア中央湊(株式会社コスモスイニシア)、シエリア夙川(関電不動産開発株式会社)およびデュオヒルズつくばセンチュリー(株式会社フージャースコーポレーション)での採用が決定しているという。

スタイルポート、不動産VR内覧サービス「ROOV」を活用した販売支援ツールを開発

「コミュニケーションパッケージ」では、物件概要や眺望ギャラリー(オプション)、販売価格表等の情報集約ができるだけでなく、コミュニケーションパッケージに搭載される「ROOV」では、フロアなどのカラー変更、家具シミュレーター、採寸、眺望合成(オプション)など、接客時に必要となる様々な機能を、VR内覧で室内を自由に移動しながらプレゼンテーションすることができる。
ユーザーは、フロア別・タイプ別の販売価格表から、各部屋の間取タイプ、専有面積、販売価格等の定量的情報だけでなく、間取図の確認や「ROOV」による内覧が行えるほか、購入検討者ごとに異なる商談内容を「お客様用MyPage」として登録することができ、個別URLを発行することで検討者は室内3D情報を持ち帰ることができる。
購入検討者は、自宅に帰った後でも販売センターと同様に、検討中の部屋情報をスマホやタブレット、PC等で確認のうえ、「ROOV」で自在に部屋を内覧し、カラーセレクトや家具配置のシミュレーションを行うなど、入居後の生活を具体的にイメージしながら物件を検討できるようになる。
なお、ログ解析機能も実装されており、ユーザーは「お客様用MyPage」のアクセスログに記録された購入検討者のアクセス頻度、滞在時間、操作記録などの閲覧履歴を分析することで、初回訪問時以後の再来案内のタイミングを計ったり、成約確度の把握や興味関心のポイントの分析を行うなど、検討度が上がったタイミングを判別し、かつ効果的な商談につなげることができる。

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.