イベントレポート レポート

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】実物のミニチュア模型を3Dスキャナで取り込んでゲーム化---存在感がハンパないレトロテイストのアドベンチャー「Truberbrook」

投稿日:

「Truberbrook」(トルバーブルック)は、ドイツのインディゲームディベロッパーのbtfが手掛けた、1967年の西ドイツを舞台としたレトロテイストのポイントクリックアドベンチャーゲームです。懸賞で西ドイツ旅行に当たったアメリカ人物理学者のタンハウザーが、滞在する村に潜む謎を解き明かしていくミステリーで、既に3月12日よりSteamにて英語版が配信されており、さらに今後はPlay Station 4とNintendo Switch向けに日本版が配信される予定です。

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】実物のミニチュア模型を3Dスキャナで取り込んでゲーム化---存在感がハンパないレトロテイストのアドベンチャー「Truberbrook」

本作の大きな特徴は、ゲームのステージのほぼ全てが実物のミニチュア模型によって形作られていること。一つ一つ手作業で作られたミニチュアを3Dスキャナで取り込んでデータ化し、キャラクターのモデルとアニメーションを組み合わせてデジタル処理をしたとのこと。

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】実物のミニチュア模型を3Dスキャナで取り込んでゲーム化---存在感がハンパないレトロテイストのアドベンチャー「Truberbrook」
例えばこちらはゲーム冒頭に登場する寂れたガソリンスタンドですが、この街燈の灯りもミニチュアに電飾を仕込んで表現したリアルな光で、本物ならではの温かみのある質感が印象的です。

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】実物のミニチュア模型を3Dスキャナで取り込んでゲーム化---存在感がハンパないレトロテイストのアドベンチャー「Truberbrook」
ゲームの主な操作方法は、ステージ内の気になるところをクリックして調べ、次の展開に必要なアイテムや情報を入手していくというもの。新しいアイテムを見つけると、それがトリガーになってキャラクターが行動を起こし、ストーリーが進んでいきます。

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】実物のミニチュア模型を3Dスキャナで取り込んでゲーム化---存在感がハンパないレトロテイストのアドベンチャー「Truberbrook」
こうした自然の風景も全てもともとはミニチュア!プレイしていると、まるで「自分で動かせる海外ドラマ」を見ているかのような気分になってきます。

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】実物のミニチュア模型を3Dスキャナで取り込んでゲーム化---存在感がハンパないレトロテイストのアドベンチャー「Truberbrook」
長旅の果てに懸賞旅行の地である村に辿り着いたタンハウザー。しかしそこは、とても懸賞の賞品になるような観光地ではなく、むしろ昼間なのに住人の姿が見当たらないほど寂れています。なぜこんな村が懸賞旅行の地になったのでしょう?

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】実物のミニチュア模型を3Dスキャナで取り込んでゲーム化---存在感がハンパないレトロテイストのアドベンチャー「Truberbrook」
ホテルのフロントも愛想が悪く、正直あまり快適そうではありません。新たなキャラクターに出会った際は、このように選択式の会話パートも発生します。

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】実物のミニチュア模型を3Dスキャナで取り込んでゲーム化---存在感がハンパないレトロテイストのアドベンチャー「Truberbrook」
釈然としないまま滞在一日目の夜を迎えるタンハウザー。ところが、寝入っている隙に何者かが部屋に忍び込み、彼の荷物を漁って”ある物”を盗んでいきました!やっぱりこの村はどこかおかしい!

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】実物のミニチュア模型を3Dスキャナで取り込んでゲーム化---存在感がハンパないレトロテイストのアドベンチャー「Truberbrook」
急いで泥棒の後を追い外に出たタンハウザーでしたが、泥棒はホテル脇の階段を上って山の方へと逃げてしまいました。なお、この夜景も勿論もとはミニチュア模型。昼の村と同じ模型で、ライティングを変えることで時間経過を表現しているんですね。同じ形でも明暗で随分と雰囲気が変わります。

なお、本作の日本版はオリジナル音声(英語)&字幕での対応となり、今夏リリースを目標に翻訳とローカライズが進められているそうです。レトロな時代設定に本物の模型ならではのリアルな質感、そして不穏なストーリー展開、海外ミステリーが好きな人ならきっと惹き込まれることでしょう。

TOKYO SANDBOX 2019全レポート記事はこちら

-イベントレポート, レポート
-, ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.