VR ニュース

ジョリーグッド、発達障害者向けのソーシャルスキルトレーニングVR「emou」を開発

更新日:

株式会社ジョリーグッドが、専門医監修のもと、発達障害者向けのソーシャルスキルトレーニングVR「emou」(エモウ)を開発した。これに伴い、同社では「emou」の詳しい発表と体験展示を3月18日(月)から東京ビッグサイトにて開催される「Medtec Japan」にて行う。

ジョリーグッド、発達障害者向けのソーシャルスキルトレーニングVR「emou」を開発

「emou」は、学校生活や職場などの日常生活の中で欠かせないソーシャルスキルを、VRのリアルな仮想空間内で何度でも体験トレーニングを行うことができる発達障害支援プログラム。ユーザーは、これまでのワークシートやロールプレイでは再現が難しかった社会生活における様々な場面を、まるで実際の空間で体験しているかのように何度でもトレーニングすることができる。
サービスの第一弾として、全国でソーシャルスキルトレーニングを実施している就労移行支援事業や放課後等デイサービスなどの支援機関、特別支援学級を設置する小学校中学校向けに、指導マニュアルを含めたパッケージ提供を開始する。進行プログラムとセットで提供されるため、経験の浅い支援スタッフでも簡単に質の高いソーシャルスキルトレーニングを実施することができる。

さらにジョリーグッド は、「emou」の最初の導入支援機関である株式会社Kaienが運営する支援施設のTEENS新宿とTEENS川崎にて、ソーシャルスキルトレーニングVRスクールを開校する。

■イベント体験展示、講演情報
「Medtec Japan」
開催日時:2019年3月18日(月)〜20日(水)10時〜17時
開催場所:東京ビッグサイト 東ホール(ブース番号:2006)
料金:来場事前登録で無料
「Medtec Japan」HP:http://www.medtecjapan.com/ja

<スペシャルセッションステージ情報>
講演日時:3月20日(水)11時〜12時
講演会場:東4ホール開催 フォーラム会場3 ※受講無料
テーマ:「VRが変える発達障害 スキルトレーニングの有効性」
登壇者:ジョリーグッド 執行役員CCO・CMO 丸山安曇
ジョリーグッド 経営戦略局クリエイティブ事業部シニアプロデューサー 青木雄志
Kaien 代表取締役 鈴木慶太

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.