やってみた コラム

【レビュー】盗んで盗んで盗みまくれ!泥棒が「盗み」でアイテムを集めて戦うRPG「Brave Thief」

投稿日:

今回ご紹介する「Brave Thief」は、先日ご紹介した「Monday ~LastWeek~」と同様に、学生チームが半年かけてゲームアプリを開発し、そのダウンロード数を競い合う東北最大のアプリコンテスト「第5回仙台ゲームアプリコンテストDA・TE・APPS!2019」の出場作品の一つであるスマホ向け8bit風RPGです。

【レビュー】盗んで盗んで盗みまくれ!泥棒が「盗み」でアイテムを集めて戦うRPG「Brave Thief」
本作のモチーフは「泥棒」。普通RPGというと「剣と魔法のファンタジー」な世界観の中でモンスターと戦うことでレベルを上げてお金を稼ぎ、アイテムを集めるものが多いですが、本作はそれらの代わりにとにかく「盗む」。盗むことによって武器や防具、アイテムを入手し冒険を進めていきます。

【レビュー】盗んで盗んで盗みまくれ!泥棒が「盗み」でアイテムを集めて戦うRPG「Brave Thief」
本作の主人公は、ある盗賊団に入団したばかりの新入りの泥棒。彼が盗賊団のアジトの一部屋で目を覚ますところからゲームが始まります。

【レビュー】盗んで盗んで盗みまくれ!泥棒が「盗み」でアイテムを集めて戦うRPG「Brave Thief」
新入りの彼は盗賊団の一番下っ端で、当然先輩から偉そうな口をきかれますが、そこはさすが泥棒!なんと早速先輩から持ち物をスりまくります!基本的なプレイの方法は、他のキャラクターの前に立って話を聞いて情報を集め、次に後ろに回って持ち物を盗む「スリ」をやらかすというもの。偉そうにしている先輩達からスるとはなかなか小気味良い展開ですが、よく考えたらこんなに気の抜けない盗賊団はありません。メンバー同士で盗むとは…

【レビュー】盗んで盗んで盗みまくれ!泥棒が「盗み」でアイテムを集めて戦うRPG「Brave Thief」
この盗賊団のアジトはチュートリアル的な場所ですが、導入部のストーリー展開のテンポが良く、サクサクと操作方法や世界観を理解できます。移動は基本的に画面左にあるバーチャルパッドの十字ボタンで、「決定」は画面右の「A」ボタン。たまに良いアイテムが入っている豪華な宝箱もあるので、他人から盗むだけでなく、タンスや棚、箱、壺などフィールド上で気になるところは一通りチェックしましょう。時には、人の言うことを聞かずに「やるな」と禁止されていることを敢えてやることも必要になってきます。

【レビュー】盗んで盗んで盗みまくれ!泥棒が「盗み」でアイテムを集めて戦うRPG「Brave Thief」
こうして入手したアイテムは、画面右上のインベントリに種類ごとに収納されていきます。

【レビュー】盗んで盗んで盗みまくれ!泥棒が「盗み」でアイテムを集めて戦うRPG「Brave Thief」
なお、新入りの泥棒の主人公は、盗賊団の団長から直々に腕試しテストをされることになりました。それは「制限時間5分以内に街の人からできるだけたくさんの物を盗む」こと。なかなか下衆な盗賊団です。まあ犯罪集団なんだから当然と言えば当然ですが。ということで、親切に情報を教えてくれた街の住民からも容赦なくスります!

【レビュー】盗んで盗んで盗みまくれ!泥棒が「盗み」でアイテムを集めて戦うRPG「Brave Thief」
回復アイテムについて教えてくれた人から薬草を盗む!鬼畜!

【レビュー】盗んで盗んで盗みまくれ!泥棒が「盗み」でアイテムを集めて戦うRPG「Brave Thief」
もしキャラクターの後ろに壁があって後ろに回れないときは、最初に話しかける”向き”を変えて方向転換させます。この袋のマークが出たら盗みはOKという合図です。

【レビュー】盗んで盗んで盗みまくれ!泥棒が「盗み」でアイテムを集めて戦うRPG「Brave Thief」
外にいる住民からスるだけではなく、家屋に浸入して空き巣も働きます!

【レビュー】盗んで盗んで盗みまくれ!泥棒が「盗み」でアイテムを集めて戦うRPG「Brave Thief」
しかし、たまに住民から探し物や願い事を頼まれることもあります。それを引き受けて指定のアイテムを渡す「善行」をすると、報酬として盗んで手に入る物よりも良いアイテムをもらえることもあります(逆にショボいアイテムを渡されることもあり)。そうした物々交換の駆け引きを楽しめるのも本作の魅力です。

【レビュー】盗んで盗んで盗みまくれ!泥棒が「盗み」でアイテムを集めて戦うRPG「Brave Thief」
こうして集めたアイテムは、ステージの最後に待ち受けている「ボス戦」で使用します。ただしどのアイテムも一回使うと消えてしまうため、選択は一度きりでやり直しはなし。要するにコマンド選択型のバトルシステムです。アイテムを長押しすると概要が出てくるので、どのタイミングで何を使うかよく考えてバトルを勧めましょう。

【レビュー】盗んで盗んで盗みまくれ!泥棒が「盗み」でアイテムを集めて戦うRPG「Brave Thief」
こうして自分のHPが0になる前に相手のHPを0にすれば勝ちとなり、次のステージに進むことができます。ちなみに序盤から結構難しく、何も考えずに適当にアイテムを使ってしまうとかなりの確率でゲームオーバーになってしまいます。

【レビュー】盗んで盗んで盗みまくれ!泥棒が「盗み」でアイテムを集めて戦うRPG「Brave Thief」
こうしてボス戦を終えるとステージクリアとなりますが、最後に「集めたアイテムの数」と「アイテムコンプ率」が表示され、コレクション的要素もあることが示されます。この個数と制限時間を考えると、絶対1回のプレイではフルコンプすることは不可能なので、まあ1ステージあたり最低でも2週くらいしないといけない仕様なのでしょう。繰り返しプレイしたくなる要素を上手いこと取り入れています。

【レビュー】盗んで盗んで盗みまくれ!泥棒が「盗み」でアイテムを集めて戦うRPG「Brave Thief」
こうしてアジトのある街で盗みまくったら、次は砂漠の市場で万引きしまくります。冒険の準備は現地調達!ただし泥棒で!

【レビュー】盗んで盗んで盗みまくれ!泥棒が「盗み」でアイテムを集めて戦うRPG「Brave Thief」
こうして正々堂々とお店の中に入り込んで万引きをするやらスリをやるやら。

【レビュー】盗んで盗んで盗みまくれ!泥棒が「盗み」でアイテムを集めて戦うRPG「Brave Thief」
その傍ら民家や店舗にも侵入してガンガン空き巣を働きます。豪華な鍵付き宝箱も開けちまえ!

【レビュー】盗んで盗んで盗みまくれ!泥棒が「盗み」でアイテムを集めて戦うRPG「Brave Thief」
こうして盗んだアイテムでまたバトル。基本的にアイテムは「武器」「防具」「回復系アイテム」の3種類ですが、稀に「これ一体何の役に立つんだ?」というくだらないアイテムも入手できます。ところが、盗んだ時はお遊びのアイテムと思っていたものが意外に役立つこともあり。とりあえず盗めるものはとことん盗み尽くしていろいろ使ってみて下さい。

それにしても、以前の記事かrなお繰り返しになりますが今年の「DA・TE・APPS!」の学生チームは本当にレベルが高いです。本作は販売・配布されているアセットを使って開発したそうですが、それでも「剣と魔法で戦う」のではなく「泥棒」で冒険を進めるという発想は非常に面白く、またそうする必然性のある世界観がちゃんとできています。コレクション要素と物探し要素の強いRPGとも言えるので、ちょっと変わったコンセプトのRPGを探している人にもオススメです。

iOS版はこちら(120円)

Android版はこちら(120円)

-やってみた, コラム
-, ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.