VTuber ニュース

JR東日本グループの「案内AIみんなで育てようプロジェクト」、案内AI「バーチャルアテンダント」をJR上野駅に設置

投稿日:

AI関連技術の研究開発および社会実装に向けた取り組みを展開している株式会社モノゴコロが、JR東日本グループが実施する「案内AIみんなで育てようプロジェクト」において、1st PLACE株式会社がプロデュースするバーチャルアーティスト「IA(イア)」とコラボレーションしたデジタルサイネージタイプの案内AI「バーチャルアテンダント」をJR上野駅に設置する。

JR東日本グループの「案内AIみんなで育てようプロジェクト」、案内AI「バーチャルアテンダント」をJR上野駅に設置

「バーチャルアテンダント」は、モノゴコロの自然言語処理をはじめとするAI関連技術やCGキャラクターアニメーション技術、 協力会社の音声技術やハードウェアのノウハウを統合してワンパッケージ化された対話型デジタルサイネージ。等身大の人物やキャラクターが画面に登場し、顧客が音声で質問等を話しかけると、 その内容を解析し、 音声とディスプレイ画面を使って回答する。
今回は、バーチャルアーティストIA(イア)とのコラボレーションバージョンと、着物姿の案内AI「バーチャルアテンダント茜(あかね)」が上野駅に設置される。
プロジェクト概要は以下のとおり。

JR東日本グループの「案内AIみんなで育てようプロジェクト」、案内AI「バーチャルアテンダント」をJR上野駅に設置

■「案内 AI みんなで育てようプロジェクト」概要
山手線内の複数のターミナル駅及び商業施設(エキナカ及びホテル等)に案内ロボットやデジタルサイネージを設置、 また案内チャットボットを展開し、 駅構内・駅周辺の案内や、 お土産案内などを行います。
それぞれの箇所でお客さまからの様々な質問に回答し、 さらに質問内容を基にAIが学習することで回答の精度を向上させ、 よりスマートな案内AIシステムの構築を目指すプロジェクトです。
なお本実証実験は「モビリティ変革コンソーシアム」の実証実験のひとつです。
・実施期間:2018年12月7日~2019年3月15日
・実施箇所:東京駅、 浜松町駅、 品川駅、 新宿駅、 池袋駅、 上野駅 合計6駅等 24箇所
・参加企業:メーカー等 18社、JR東日本グループ 15社 合計 33社
・幹事会社:JREロボティクスステーション有限責任事業組合(LLP)

-VTuber, ニュース
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.