VR ニュース

リスト、VRを活用した3D内覧システムを導入

投稿日:

リストインターナショナルリアルティ株式会社が、VR内覧システム「マーターポート3Dリアリティーキャプチャープラットフォーム」を2019年1月より全支店にて導入を開始した。

リスト、VRを活用した3D内覧システムを導入

同社が取り扱うVR内覧システムは、すべて米Matterport社が提供している3Dスキャンカメラと画像合成処理・配信クラウドサービス「Matterport True3D」技術を使用している。これは従来のVR映像に比べ、目が感じる違和感を出来る限り払拭した高度な3Dカメラ技術と画像合成処理技術を採用しているため、現実の室内空間の中を実際に歩いているかのようなウォークスルー体験を映像酔いせずに得られ、実際に目で見る際と同じくらい正確な距離感を映像で再現できる。
WEBページ上での閲覧のほか、手持ちのスマートグラスを使用したい場合は、高い没入感でよりリアルな物件映像を閲覧できる。試験導入として、武蔵小杉にある物件のVR内覧を公開した際には、約1か月で180件の閲覧があり、わずか2組の現地見学で制約したという。
現在は同社が販売している戸建・マンションのうち、約60の物件にVR内覧システムを導入しているとのこと。今後も随時取り扱い物件にVR内覧システムを導入していく予定だという。

【VR内覧システム導入物件(一部)】
https://www.listsothebysrealty.co.jp/special/vrtour/

-VR, ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.