ニュース 仮想空間

インターリンク、仮想空間「Second Life」で実施していた「赤い羽根共同募金」の募金総額が395,026 リンデンドルを突破

更新日:

新ドメイン「.moe」、「.osaka」、「.earth」の運営やオタク川柳大賞を主催するインターネットサービスプロバイダーの株式会社インターリンクが、社会貢献活動の一環として2007年より3D仮想空間「Second Life」にて実施している「赤い羽根共同募金」の合計募金額が395,026リンデンドル(133,426円)となったことを発表した。

インターリンク、仮想空間「Second Life」で実施していた「赤い羽根共同募金」の募金総額が300万円を突破

同社ではSecond Life内で2007年5月より、環境保護団体や人道支援団体などNPOへの支援を目的としたエリア「八国山アイランド」を運営しており、「赤い羽根共同募金」を2007年10月より開始。それ以後毎年実施し今回で12回目を迎えた。Second Lifeユーザーが八国山アイランド内にある特設ブースの募金箱に寄付をすると「セカンドライフ版赤い羽根」などのグッズがプレゼントされる仕組みになっており、募金箱への寄付以外では、Second Life内で活動するアバター用アイテムのブランド「BareRoseTokyo」主催の赤い羽根共同募金チャリティーイベントからも募金が寄せられた。集められたリンデンドルは日本円に換金され、全額が中央共同募金会(所在地:東京都千代田区)に寄付され、用途も通常の募金と同様になる。

【参考 「赤い羽根共同募金」年別募金額】※単位はリンデンドル
2018年 12,782 (4,565円)
2017年 31,835 (12,203円)
2016年 10,764 (3,703円)
2015年 21,260 (8,758円)
2014年 20,982 (8,668円)
2013年 33,172 (12,308円)
2012年 30,125 (9,933円)
2011年 47,853 (13,058円)
2010年 43,453 (12,636円)
2009年 38,400 (11,700円)
2008年 19,200 (6,000円)
2007年 85,200 (29,894円)

-ニュース, 仮想空間
-,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.