イベントレポート レポート

【レポート】大きな作品も製作可能!仙台にクリエイターのためのシェアスタジオ「スタジオ開墾」がオープン

投稿日:

2019年1月6日(日)、仙台市経済局と協同組合仙台卸商センターによる協働事業「とうほくあきんどでざいん塾」のクリエイター支援事業の一環として、仙台市若林区卸町にクリエイター向けのシェアスタジオ「スタジオ開墾」がオープンし、そのお披露目会が開催されました。当日は、クリエイターや個人事業主、中小企業、はじめ学校・大学・専門学校の教育関係者、卸商センター、行政関係者ら約50人が参加し大いに賑わいました。

【レポート】大きな作品も製作可能!仙台にクリエイターのためのシェアスタジオ「スタジオ開墾」がオープン

「とうほくあきんどでざいん塾」は、仙台を拠点とする中小企業とクリエイターを対象に、デザインやクリエイティブに関するノウハウの啓発および利用促進を目的に2012年よりスタートし、以降様々な支援プロジェクトを展開してきました。そんな中、2018年に「つくる場所をつくる!」をキャッチフレーズに、クリエイターや職人、ものづくり系作家が作品や商品を生み出すための「共同スタジオ」を創り出すプロジェクト「DIY PROJECT」を実施。それまで不定期にイベント会場として使われていた遊休倉庫を、主に公募により集まったプロジェクト参加者とともに改修し、今回遂にオープンを迎えました。

【レポート】大きな作品も製作可能!仙台にクリエイターのためのシェアスタジオ「スタジオ開墾」がオープン

【レポート】大きな作品も製作可能!仙台にクリエイターのためのシェアスタジオ「スタジオ開墾」がオープン
現時点での外見は元の倉庫そのままです。

この「スタジオ開墾」のある卸町は、その名のとおり流通拠点として多業種の問屋が軒を連ねている地区で、1965年に協同組合が設立されて以来、東北経済への重要な役割を担ってきました。また、組合施設の有効活用事例として整備されたクリエイター向けシェアオフィス「TRUNK」、音楽の練習スタジオ「音楽工房MOX」、仙台市市民文化事業団が管理・運営する舞台美術の練習場「せんだい演劇工房10-BOX」、稽古用能舞台「能-BOX」など、クリエイティブ系の活動を支援する施設が点在する”創造の町”でもあります。
一方、仙台市内にはこれまでクリエイターが大型の作品を製作したり、工具を使うような大掛かりな作業を行うことのできる広い施設はありませんでした。そう、このサイトでも昨年連載したように、仙台市には「シェアオフィス」や「コワーキングスペース」など”机の上で作業する場所”は豊富にあるのですが、それには当てはまらない作業ができる場所はなかったんですよね。

「仙台コワーキングスペース巡り」記事一覧はこちら

【レポート】大きな作品も製作可能!仙台にクリエイターのためのシェアスタジオ「スタジオ開墾」がオープン
もともとこの建物は1980年に建設された紙問屋の倉庫で、床面積は348.03平米(105.29坪)、天井高は6m以上と広さ、高さ共に十分です、その分冬は少々寒いのですが…

【レポート】大きな作品も製作可能!仙台にクリエイターのためのシェアスタジオ「スタジオ開墾」がオープン
天井が高いため、このようにタンスとカラーボックスを重ねた大きな現代アート作品も製作・展示することができます。お披露目会ではプロジェクトに参画したクリエイターの作品展示も行われました。

【レポート】大きな作品も製作可能!仙台にクリエイターのためのシェアスタジオ「スタジオ開墾」がオープン

【レポート】大きな作品も製作可能!仙台にクリエイターのためのシェアスタジオ「スタジオ開墾」がオープン
「スタジオ開墾」は、3時間から利用可能な「共有制作スペース」、月額で占有可能な「専用ブース」、制作した作品や商品の発表会、展示が行える「展示イベントスペース」「事務室」から成り、さらに今後は軽食とドリンクも楽しめる「カフェ&ショップ」も併設される予定で、完成後はイベント時のキッチン利用や芸術関連の古書販売、ゆかりの作家によるグッズ販売などが行われるそうです。

【レポート】大きな作品も製作可能!仙台にクリエイターのためのシェアスタジオ「スタジオ開墾」がオープン
とりあえず現時点ではシェアオフィス&コワーキングスペースの定番である「書籍コーナー」が儲けられていました。このような場なので、もちろん書籍のラインナップ画集や写真集、展覧会の図録、漫画などアートに関するものが取り揃えられています。

【レポート】大きな作品も製作可能!仙台にクリエイターのためのシェアスタジオ「スタジオ開墾」がオープン
事務室にはDJマシンもあり。

【レポート】大きな作品も製作可能!仙台にクリエイターのためのシェアスタジオ「スタジオ開墾」がオープン
展示イベントスペースは、共有制作スペースと合わせれば70席程度のイベントを開催可能で、照明や什器、椅子、テーブル、プロジェクターなどの音響映像機材(有料)も用意されています。

「スタジオ開墾」は今月オープンし、既に専用ブースへの入居クリエイターも何組が決定しているそうですが、まだ若干空きがあるそうです。専用ブースの利用時間は9:00~23:30(年中無休)で料金は月2万円から。共有制作スペースの利用時間は10:00~19:30(月曜定休)で料金は1~2日間・3時間2000円から。興味のある仙台のクリエイターや中小企業の皆さんは是非一度見に行ってみて下さい。

「スタジオ開墾」
【住所】〒984-0015 仙台市若林区卸町2-15-6
【営業時間】10:00~19:30 ※月曜定休
【電話番号】022-352-5135
【E-mail】kaikonsendai(at)gmail.com

とうほくあきんどでざいん塾
http://tohokuakindodesign.jp/

-イベントレポート, レポート
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.